奈良時代の天平人、商店街で舞台化

2017.2.13 13:01

奈良市の8つの商店街を舞台に、奈良時代全盛期の天平人が現代に甦る手づくりファンタジー演劇が2月25日・26日に開催

(写真2枚)

奈良県の商店街が中心となり、地元の若手役者らと上演する舞台『超時空地域活性化演劇・ショウテンガイエイト』が、2月25日・26日に商店街のコミュニティ・スペースで開催される。

地域活性化の取り組みとしてはじまり、3年目の同企画。演劇の力を借りて商店街の魅力をアピールしようと、奈良市内の8つの商店街の若手店主らが地元の劇団などで活躍する若手の役者たちとともにスタートした。今回の脚本は全編新作のオリジナルで、1300年の時を超え目覚めた天平人が現れるファンタジー。チケットは無料で、メール(showtengai8@yahoo.co.jp)などで申込み受付中。

『超時空地域活性化演劇・ショウテンガイエイト 2017』

日程:2017年2月25日(土)・26日(日)
会場:コミュニティスペース「コムズギャレ」(奈良市餅飯殿町42-1 2F)
料金:入場無料
電話:080-4912-2491

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本