京都蒸留所のジン、英国の専門誌で1位に

2017.1.24 12:00

「京都蒸留所」のプレミアムクラフトジン「季の美 京都ドライジン」

(写真2枚)

日本初となるクラフトジン専門の「京都蒸留所」(京都市南区)が昨秋発売した「季の美 京都ドライジン」が、イギリスの酒類専門誌『ザ・スピリッツ・ビジネス』が選ぶ「2016年 最も革新的な商品」1位を獲得したことがわかった。

京都で初めてスピリッツの製造免許を取得した「京都蒸留所」が造る「季の美 京都ドライジン」は、ライススピリッツをベースに玉露や山椒、檜など、日本ならではのボタニカルを使用したプレミアムクラフトジン。昨年の生産開始から約3カ月で3万本を販売、1月からはヨーロッパやシンガポールへも流通をスタートしている。

酒類専門誌『ザ・スピリッツ・ビジネス』の表紙(左)と、該当ページ
酒類専門誌『ザ・スピリッツ・ビジネス』の表紙(左)と、該当ページ

蒸留所を取り仕切るヘッドディスティラーのアレックス・デービスさんは、「『京都の文化や伝統、豊富な地の物が詰まった京都らしいジン』という感想をいただいています。まさに私たちが目指していた味わいであり、とても誇りに思います。今後もより革新的なジン造りを目指して邁進していきます」と喜びを語った。「季の美 京都ドライジン」は京都、大阪の百貨店などで購入できる(希望小売価格:5000円)。

「季の美 京都ドライジン」

度数:45% 内容量:700ml
希望小売価格:5000円(税抜)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本