トイレも金ピカの新車両、泉北高速に
2017.1.16 19:48

ボディも金。乗車スペースも金。あげくはトイレのなかも・・・。1月16日におこなわれた泉北高速鉄道(本社:大阪府和泉市)が導入する新型特急車両「泉北12000系」の試乗会で、そのド派手な車両の全貌が初めて公開された。

1月16日、南海難波駅に到着した新車両は、金色ボディに京都オパールのマークが施された超ド派手なデザイン
1月16日、南海難波駅に到着した新車両は、金色ボディに京都オパールのマークが施された超ド派手なデザイン画像一覧

和泉中央駅~難波駅間を最速29分間で結ぶ『特急 泉北ライナー』用として開発された新車両は、45年の泉北高速鉄道の歴史のなかでは初となる自社製作の特急車両。この日、金色ボディのデザインで南海難波駅のホームに入り、居合わせた人のほとんどが目を奪われたほどの強烈なインパクトを放つ。

「派手過ぎると言われてでも注目度を高めたい」と福田社長(16日・大阪府和泉市)
「派手過ぎると言われてでも注目度を高めたい」と福田社長(16日・大阪府和泉市)画像一覧

試乗会に参加した福田順太郎社長は、この派手なデザインには様々な思いが込められていると話す。「人口減が進む泉北ニュータウンを活性化させるためには、利便性が高まることはもちろん、話題になることで多くの人に知ってもらうことが大切。派手過ぎると言われてでも注目度を高めたいとこのデザインを採用した。また、19世紀に起こったアメリカ・カルフォルニアのゴールドラッシュでその町の人口が数倍になったということにもあやかって、金色でニュータウンの人口増を願っている」。

1月16日に公開された泉北高速鉄道の新型車両「泉北1200系」のトイレ。全面金で金運がアップしそう
1月16日に公開された泉北高速鉄道の新型車両「泉北12000系」のトイレ。全面金で金運がアップしそう画像一覧

外観だけでなく内部もとにかくド派手で、連結スペースやトイレの中も金色一色。風水的には金運がアップしそうなほどのこだわりのデザインだ。また、車イスのまま入れる広いトイレもあり、2席掛けの座席や各座席に配置されたACコンセントなど、見た目だけでなく乗車満足度も最大限に追求している。なお、特急・泉北ライナーが導入されたのは平成27年の12月で、泉ヶ丘から天下茶屋までノンストップという利便性が好評。新型車両のデビューは1月27日で、金色の車両は沿線で最も目立つはずだ。特急料金は510円。

取材・文・写真/谷知之

泉北ライナー用新型特急車両「泉北12000系」

2017年1月27日(金)運行開始
特急料金:510円
URL:http://www.semboku.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ