大野拓朗「この仕事と心中したい」
2016.12.28 9:00

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で、ちょっと空気の読めない若旦那・青柳清役を好演した大野拓朗。Wキャストで初の主演を務めるミュージカル『ロミオ&ジュリエット』のプロモーションのため、大阪市内で会見を行った。

大阪市内で会見を行った大野拓朗
大阪市内で会見を行った大野拓朗画像一覧

清役は「嫌味なだけにならないよう、結構計算しました。僕の座右の銘は『いつでも笑顔でいられますように』なので、みなさんにも僕を見て朝から笑ってもらえたらいいなと。特にご年配の方に声をかけていただくことが増えたので、喜んでもらえたんだなと嬉しく思っています」と振り返った。

その現場でもずっと愛聴していたのが、今回出演する『ロミオ&ジュリエット』のCDだったそう。「全曲好きなミュージカルに初めて出会って、それ以来4年間毎日聞きながら歌ってました。ただ稽古に入ってから、気持ちを込めて歌ってはいなかったと気づいて・・・。最近ようやく、自分の中から歌詞が出て来る感じがしてきましたが、『女たちは僕のことを追いかけてくる、何もしなくても〜』という歌詞は、気持ちはわかるけど歌いづらいです」と笑う。

「全曲好きなミュージカルに初めて出会った」と語る大野
「全曲好きなミュージカルに初めて出会った」と語る大野画像一覧

原作は、若い恋人同士の短くも激しい愛を描いたシェイクスピアの名作。映像も含めて初の本格的な恋愛モノだが、肝心の恋愛表現に最も苦戦しているという。「『恋愛のドキドキ感を感じられない』と、ずっと注意されています。恋愛って難しいですね(笑)。ロミオの恋愛観は正直わからないんですけど、僕が初めてこの世界に入った時に、お芝居に一目惚れをして『この仕事と心中したい!』と思ったんです。その感覚と、ロミオの気持ちをリンクさせようかな」とプランを語った。

記者の質問に対してひとつひとつ真剣に考えながら丁寧に答える大野
記者の質問に対してひとつひとつ真剣に考えながら丁寧に答える大野画像一覧

最後に「僕と(Wキャストの古川)雄大さんの両パターンをめちゃくちゃ観てほしい! 印象が絶対違うはずだから、どっちの楽しみも感じてもらいたいです」と熱く語った大野。公演は2月22日~3月5日に「梅田芸術劇場メインホール」で、チケットは現在発売中。

取材・文/吉永美和子

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』

原作:ウィリアム・シェイクスピア
作:ジェラール・プレスギュルヴィック
演出:小池修一郎(宝塚歌劇団)
出演:古川雄大/大野拓朗、生田絵梨花/木下晴香、ほか
日程:2017年2月22日(水)〜3月5日(日)
会場:梅田芸術劇場メインホール
料金:S席13000円、A席9000円、B席5000円
電話:06-6377-3800(梅田芸術劇場)
URL:http://romeo-juliette.com/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ