若手女性作家が共演、尼崎で企画展
2016.12.21 7:00

旧公民館を活用してオープンしたアートスペース「あまらぶアートラボ A-Lab」(兵庫県尼崎市)で、日常のささやかなドラマをテーマにした、3人の若手女性作家の企画展『日常の中のドラマ展  〜インスタレーション・アニメーション・ドローイング〜』が12月23日から開催されます。

西野彩花《兵庫県尼崎市 駅付近》/12月23日より、あまらぶアートラボ A-Lab
西野彩花《兵庫県尼崎市 駅付近》/12月23日から開催の女性作家の企画展、あまらぶアートラボ A-Lab画像一覧

今回が6度目の企画展となり、森末由美子、内藤日和、西野彩花を紹介。森末の作品はオブジェやインスタレーションで、日用品に手を加えて不可思議な世界を作り出します。内藤の作品は、自身の記憶をたどりながら子どもと大人の感覚や視点の違いを対比させたアニメーションです。西野の作品は風景画で、何気ない街並みを写真撮影し、キャンバス上で再構成しています。

内藤日和《Uncle and Girl》/12月23日より、あまらぶアートラボ A-Lab
内藤日和《Uncle and Girl》/12月23日から開催の女性作家の企画展、あまらぶアートラボ A-Lab画像一覧

いずれも大上段にテーマを振りかざすのではなく、見慣れたものや見落としがちなものにスポットを当て、ささやかな発見を積み重ねていくような作風が持ち味。スペクタクルではない、日常と地続きのアートをお求めの方におすすめします。なお、2017年1月15日には内藤日和の、21日には森末由美子のアーティスト・トークを予定。こちらも要注目です。

森末由美子《茶筅》/12月23日より、あまらぶアートラボ A-Lab
森末由美子《茶筅》/12月23日から開催の女性作家の企画展、あまらぶアートラボ A-Lab画像一覧

文/小吹隆文(美術ライター)

『日常の中のドラマ展  〜インスタレーション・アニメーション・ドローイング〜』

期間:2016年12月23日(金・祝)〜2017年2月19日(日)・11:00〜19:00(土日祝10:00〜18:00)※火曜休&12/29〜1/3休
会場:あまらぶアートラボ A-Lab(兵庫県尼崎市西長洲町2-33-1)
料金:入場無料
電話:06-7163-7108(イベント開催時)
※会期中に関連イベントあり。詳しくは公式サイトにて
URL:http://www.ama-a-lab.com/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ