輝く中之島、OSAKA光のルネサンス

2016.12.15 20:05

美しい中央公会堂の柱や窓枠を活かした映像に、大勢の来場者が魅了されていた(14日、大阪市中央公会堂)

(写真2枚)

今年で14年目を迎える『OSAKA光のルネサンス2016』。水辺全体が光のアートに包まれる中之島エリアのプログラムがスタート。14日にオープニングセレモニーが行われた。

今回、大阪市中央公会堂を彩るのは、大阪芸術大学の学生と、高校生が制作したプロジェクションマッピングの作品。「OSAKA ART CITY 都市とはアートである」と題し、大阪芸術大学の村松亮太郎客員教授と中川志信教授の指導のもと、『大阪万博』や、新幹線開通など、大阪の街の発展や文化をふりかえるストーリーが、音と映像で繰り広げられた。

大阪市中央公会堂正面のプロジェクションマッピング「OSAKA ART CITY 都市とはアートである」(1回約8分)は、12月25日までの期間中、17:00から21:00の照射。21:00から21:30は、学生オリジナル作品となる「今昔」(1回約5分)が照射される。

期間中は淀屋橋港よりアクアライナーの「ルネサンス イルミネーションクルーズ」も運行(大人1000円)
期間中は淀屋橋港よりアクアライナーの「ルネサンス イルミネーションクルーズ」も運行(大人1000円)

このほか、大阪市役所南側には「中之島イルミネーションストリート」が登場、中之島公園では「光のマルシェ」で温かいフードやドリンクを提供。ピッツァやうどんなどの「キッチンカーマルシェ」もスタンバイ。また、バラ園では、来場者がワークショップに参加して「ひかりの実」を作って木々に飾り付けをすることも(参加費300円)。御堂筋の並木が輝く「御堂筋イルミネーション」とともに、イルミネーションを存分に楽しめるプログラムが満載だ。

『OSAKA 光のルネサンス 2016』

日時:2016年12月14日(水)〜25日(日)・17:00〜22:00(一部16:00〜)※雨天開催、荒天中止
会場:大阪市役所周辺〜中之島公園
入場:無料
電話:06-6910-1156(大阪・光の饗宴実行委員会事務局)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本