谷村美月「キツイ女と思われる?」

2016.12.14 07:00
(写真2枚)

「自分がしてもらったことをしていきたい」(谷村美月)

──全体的に言葉数が少ないのに、とりわけ明美役は要となる言葉をズバッと言う、というのが役のスタイルとして顕著に割り振られているから、その重要性は大きいんですよね。だいたいその後の展開を導いていくことになっている。

朝ドラというものが、いつからそういうテイストになったのかは判らないですけれども、私がむかしヒロインのオーディションを受けたときなんかは、すごい長台詞の台本が来たんですよ。うわー、こんだけ喋るんだと思って、これがずっと続くのは無理だなと(笑)。それに比べたら今回は、脚本家の渡辺千穂さんのテイストなのかも知れないですけど、わりとキャラクターがぽつぽつぽつとしゃべることの方が多いので。でも、私はそれが好きなんです。映画(の出演)が多かったからでしょうかね。

──渡辺さんの脚本は初めてですか?

前にいちど、LaLa TVの『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』(2014年)でご一緒したんですが、その時は何人かがバーで掛け合いを延々とするドラマで、ずーっと誰かが喋りっぱなしだったんです。だから今回の台本をいただいたときは「おぉ~」って。

撮影の合間、NHK大阪放送局でインタビューに応じた谷村美月
撮影の合間、NHK大阪放送局でインタビューに応じた谷村美月

──今回、「四つ葉のクローバー」ユニットのひと葉として、芳根京子さん、百田夏菜子さん、土村芳さんの誰かと常に絡む役ですよね。女優としては実際の年齢以上に、ほかのお三方より遥かにキャリアを積まれていると思うのですけれども。

キャリア云々はあまり思ってないですけれど、自分は年上の役者さんと仕事することが多かったので、いろんな面で支えてもらっていたんだなぁとは改めて思いますね。自分がしてもらったことをこれから自分もしていきたいし、今、そういう立場に自分はいるのかなぁ、と。

NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』

2016年10月3日(月)スタート
放送:毎週月〜土曜・8:00〜8:15、ほか
出演:芳根京子、生瀬勝久、菅野美穂、高良健吾、蓮佛美沙子、永山絢斗、谷村美月、百田夏菜子、市村正親、中村玉緒、ほか

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本