中村芝翫、三田寛子に「根性あるな」

2016.12.8 19:12

パレードのフロートにのって、登場。右から中村芝翫、中村橋之助、三代目中村福之助、四代目中村歌之助

(写真5枚)

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)で12月8日に開催された『襲名披露リ・ボーン・パレード』に、八代目中村芝翫、四代目中村橋之助、三代目中村福之助、四代目中村歌之助が参加。史上初となる親子4人同時襲名を記念した、パレードお練りが行われた。

やり過ぎなくらい泡や紙吹雪が舞う『リ・ボーン・パレード』の先頭フロート(山車)にのって、4人が満面の笑みで、手を振りながら登場。その目の前の先にいるのは、きもの姿で音楽に合わせて手拍子したり、手を振り上げたり、元気いっぱいの中村芝翫の妻、そして3人の母である三田寛子だった。

ノリノリで踊りながら待っていた三田寛子。至近距離で、思わず家族に向かってピース
ノリノリで踊りながら待っていた三田寛子。至近距離で、思わず家族に向かってピース

「僕、びっくりしちゃって。全然知らなかったんですよ。曲がって進んだら、正面で踊っていて。一緒に乗れたらいいのになと思っていたら、1人で踊っていて根性あるなと思いましたね。そして、隣を見たら息子の橋之助が汗だくになって一所懸命踊っていたんですよ。どっちかっていうと僕はそういうの、あんまり得意じゃない方なので。それは母親の血かなと見たときに思いましたね」と、笑顔で語った中村芝翫。

パレードのクルーと一緒にテンションアップ。この後はハグも披露
パレードのクルーと一緒にテンションアップ。この後はハグも披露

それに対して三田寛子は、「観覧席へどうぞと言われて、1人でちょっとさびしいなと思ったんですけれど。始まってしまうと、沿道のみなさんと心がひとつになって。歌舞伎座では拍手してくださったり、大向うで『成駒屋』と声をかけてくださって客席と舞台がひとつになっているのですが、今日は体と心でなれたという感覚をみなさまと味わえて、私も感動しました!」と大満足した様子だった。

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」

住所:大阪市此花区桜島2-1-33

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本