女性職人が作る、新世代の和菓子

2016.11.27 15:00

「うめぞの茶房」のかざり羹は1個320円〜

(写真2枚)

驚きあふれる和菓子を集めた『Wa!(和)菓子展!!』が、「あべのハルカス近鉄本店」(大阪市阿倍野区)で11月30日から開催。なかでも従来の製法や原料にとらわれない、女性の職人が生み出す新世代の和菓子に注目だ。

例えば、今春オープンした「うめぞの茶房」(京都市上京区)の西川葵さんが手掛ける「かざり羹」は、羊羹の製法をアレンジしたもの。フランボワーズ、レモンなどの味に、生クリームやドライフルーツをトッピングし、まるでケーキのようなビジュアルに。ほかにも、花火をイメージしたフルーツ大福、なにわ伝統野菜を使った蒸しパンのような「ふ和り」など、女性が考えた新しい和菓子が揃う。

右上から日本茶専門店が作る「抹茶ティラミス」、なにわ伝統野菜の餡を使って浮島風に仕上げた「ふ和り」、「すはまジュエリー」、「創作きんつば」が登場予定
右上から日本茶専門店が作る「抹茶ティラミス」、なにわ伝統野菜の餡を使って浮島風に仕上げた「ふ和り」、「すはまジュエリー」、「創作きんつば」が登場予定

またイベントのために考案された「すはまジュエリー」にも注目を。砂糖と水あめで作る「洲浜(すはま)」を、アーモンド、イチゴなどで味付け、これまでにない味を「ゆめの菓 あきぞう」(三重県桑名市)が提案する。ご当地の銘菓も含め、約25ブランドが揃う。期間は12月6日まで。

『Wa!(和)菓子展!!』

期間:2016年11月30日(水)〜12月6日(火)
時間:10:00~20:00(最終日は17:00閉場)
会場:あべのハルカス近鉄本店 ウイング館9F催会場(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43)
料金:入場無料
電話:06-6624-1111

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本