舞台「美女と野獣」、関西6年半ぶり
2016.11.13 14:00

ディズニーのアニメーションを忠実に再現した劇団四季のミュージカル『美女と野獣』の京都公演が、11月12日からスタート。関西での上演は、6年半ぶりとなる。

ディズニーミュージカル『美女と野獣』の舞台写真 (c)Disney 写真/堀勝志古
ディズニーミュージカル『美女と野獣』の舞台写真 (c)Disney 写真/堀勝志古画像一覧

『美女と野獣』は、ディズニーが演劇ビジネスに初進出した作品。その世界観は、迫力の舞台装置、豪華絢爛な衣裳やイリュージョンなど、ディズニーらしく夢にあふれている。今回ビースト役を演じる田邊真也は、「初めてビースト役を務めさせていただくことになり、身の引き締まる思いです。『美女と野獣』には、男女の愛、親子愛、友情など、人間の様々な愛の形が描かれています。子どもから大人の方まで楽しめる、深い感動を持つ作品です。作品を通して、『人を愛する心』の大切さ、そして『生きる喜び』をお伝えできれば」とコメントした。

四季は1995年にディズニー初提携作品として初演以来、9都市で約5500回上演。前回の京都公演では約1年のロングラン公演だったが、今回は来年5月21日までと千秋楽が決定している。チケットはS席10800円ほか、来年2月までの公演は現在発売中。3月以降の公演は、11月19日から公式サイトで発売される。

ディズニーミュージカル『美女と野獣』

日程:2016年11月12日(日)〜2017年5月21日(日)
会場:京都劇場(JR京都駅ビル内)
料金:S席10800円、A席8640円、B席6480円、C席3240円、ほか
電話:06-4796-6600(劇団四季 関西オフィス)
URL:https://www.shiki.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ