どらやきが主役、あんこ好きの祭典

2016.11.9 20:36

昔ながらの和菓子から、革新的なものまで。あんパンは人気ベーカリーより日替わりで登場

(写真4枚)

昨年は行列ができるほど大盛況だった、あんこイベント第2弾が「阪急うめだ本店」(大阪市北区)で11月10日から開催。100年以上の老舗が作り続ける伝統的な和菓子から、洋のアイデアを活かしたニュータイプまでが勢揃いする。

『あんこの本』の執筆者でもある姜尚美さんが特におすすめするのは、100年以上の老舗を集めたどらやきコーナーだそう。「一つでもお腹が満足できる気軽なお菓子として登場した関東の『どらやき』。関西の『みかさ』と呼ばれるものよりも少し大ぶりなのが特徴です。黒糖入りだったり、シフォンのようにふわふわだったり、生地ひとつとってもすべて違います。関東の名物どらやきも目白押しで、なかなか食べ比べるきっかけがないので、ぜひいろいろ試してほしいです」と、姜さんは昨年にひき続き会場で展示されるトリビアも担当。

どらやきは老舗のものをラインアップ。小豆そのままの食感を活かした「玉英堂 彦九郎」1個301円
どらやきは老舗のものをラインアップ。小豆そのままの食感を活かした「玉英堂 彦九郎」1個301円

ほかにも東京の人気店「空いろ」と「木村屋總本店」がコラボレートした糀あんを練り込んだ限定食パン、「とらや」が干しプラムとオレンジピールを小倉餡で包んだ「餡ブッション」など、小布施堂がイベント用にアレンジした「朱雀モンブラン」など、洋菓子派にとっても満足できそうなラインアップとなっている。期間は17日まで。

「カカオ亭 むにあん」よりカカオ入りのあんぱん378円とカカオ餡クロワッサン443円
「カカオ亭 むにあん」よりカカオ入りのあんぱん378円とカカオ餡クロワッサン443円

『日本の食文化を楽しむ 第二回 時をかける「あん」』

期間:2016年11月10日(木)〜17日(木)
時間:10:00~20:00(金・土曜は~21:00、最終日は~18:00)
会場:阪急うめだ本店 9F 祝祭広場(大阪市北区角田町8-7)
料金:入場無料
電話:06-6361-1381

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本