植物部屋も、全室デザイン異なるホテル

2016.10.31 15:00

プラントハンター西畠清順が初めてプロデュースした客室のイメージ。森林浴気分を味わえそうだ

(写真4枚)

デザイナーと著名アーティストが手掛け、全45の客室がすべてデザインの異なる「ホテル ザ グランデ心斎橋」(大阪市中央区)が11月29日にオープン。書、炭、流れ星など、各部屋で異なるコンセプトに沿ったデザインを提案する。

もともとデザインホテルとしてアーティスティックな部屋を提案してきた「HOTEL T’POINT(ホテルティーポイント)」が7月11日からリニューアル工事を実施し、名前も新たに始動。9月18日にプレオープンし、一部のフロアのみ先行営業を行っている。

「炭」をテーマとした413号室は、レンガが並び、暖炉をイメージした壁面
「炭」をテーマとした413号室は、レンガが並び、暖炉をイメージした壁面

今後、登場する部屋としては、稀少な植物目指して世界中を巡るプラントハンターとして有名な「そら植物園」代表・西畠清順がプロデュースした壁一面が着生植物などで覆われた711号室のほか、書道家・武田双雲が手掛けた614号室、暖炉をイメージした413号室など。同じホテルとは思えないほど、多様な空間を演出し、部屋番号指定での予約が見込まれる。

「HOTEL THE Grandee心斎橋(ホテル ザ グランデ心斎橋)」

2016年11月29日(火)オープン
住所:大阪市中央区東心斎橋1-6-28
電話:06-6251-7170

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本