小吹隆文撰・週末アート10/5〜
2016.10.5 18:00

小吹隆文撰・週末アート10/5〜

「とにかく誰よりも現場を見て歩く」を信条に、美術ライター・小吹隆文が膨大なアートの海から、いま必見の展覧会をピックアップ! 今週紹介する展覧会は、どれも視点がユニークで、今までの認識とはまた違った発見を呼び覚ましてくれます。

尼崎市の風景を取材した新作を発表
『ヤマガミユキヒロ展 ロケーション・ハンティング』
@あまらぶアートラボ A-Lab(兵庫県尼崎市)

実景に基づいたモノクロの風景画を描き、その画面に同一の場所で定点撮影した映像を映写する「キャンバス・プロジェクション」で知られるヤマガミユキヒロ。

《location-hunting(view of amagasaki)》習作
《location-hunting(view of amagasaki)》習作画像一覧

昨年に「あまらぶアートラボ A-Lab」(尼崎市)のオープニング展に参加した彼は、その後約1年間かけて市内を丹念に調査して、新作を制作しました。その発表展となるのが、この「ロケーション・ハンティング」です。彼の作品には、特別な物語も大きな出来事も起こりません。時間や光の移ろい、その場所で起こる小さな出来事が淡々と進行するのみです。しかし、それら無関係な出来事の積み重なりを見るうち、我々は物語の予兆を感じ取ります。その予兆こそがヤマガミ作品の核心なのです。

2016年10月1日(土)〜11月27日(日)
展覧会情報はこちら

 

北欧デザインのエッセンスを堪能
『マリメッコ展ーデザイン、ファブリック、ライフスタイル』
@西宮市大谷記念美術館(兵庫県西宮市)

フィンランド・デザインを代表するデザインハウス、マリメッコ。同社の60年にわたる歴史を紹介する展覧会が行われます。

ファブリック《ウニッコ》(ケシの花)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、1964年Unikko pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964
ファブリック《ウニッコ》(ケシの花)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、1964年Unikko pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964画像一覧

1951年にアルミ・ラティアによってヘルシンキで創業されたマリメッコは、優れたデザインと巧みなPR戦略により1960年代には世界的なブランドとなりました。その特徴は、フィンランドの伝統的なモチーフや自然に着想を得た、大胆、カラフル、抽象的なデザインです。ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵品から、ファブリック約50点、貴重なビンテージドレス約60点、デザイナーの自筆スケッチ、各時代の資料・映像などが揃う本展で、マリメッコの歴史と個性あふれるデザイナーの仕事ぶりを堪能してください。

2016年10月8日(土)〜11月27日(日)
展覧会情報はこちら

 

天才絵師・若冲と京都の関係を探る
『生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲』
@京都市美術館(京都市左京区)

正徳6(1716)年に京都錦小路の青物問屋に生まれ、家業の傍ら狩野派、尾形光琳、中国元・明代の絵画を学んだ伊藤若冲(1716〜1800)。40歳で家業を譲り画業に専心した彼は、写生的・装飾的な花鳥画や斬新なタッチの水墨画で活躍しました。そして現代でも「奇想の画家」として人気を博しています。

伊藤若冲《老松鸚鵡図》 個人蔵
伊藤若冲《老松鸚鵡図》 個人蔵画像一覧

彼の生誕300年となる今年、既に東京や京都で若冲展が行われていますが、本展では若冲と京都の関係をテーマにしているのが大きな特徴です。若冲が生きた時代(18世紀)、京都では数多くの文化人や絵師が活躍し、日本史上でも希有な文化的高揚期を迎えていました。そんな京都だからこそ若冲という画家は生まれえたという事実を、本展でご確認ください。

2016年10月4日(火)〜12月4日(日)
展覧会情報はこちら

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。