謎の恐竜、全身骨格の組立てを披露
2016.9.14 6:00

新発見の恐竜や最新の研究成果が展示される『恐竜博 2016』が、9月17日から「大阪文化館・天保山」(大阪市港区)で開催。会場設営中の13日、日本初公開となるスピノサウルスの復元骨格が組み立てられ、その巨大な姿を現した。

右は頭部の取り付けを見守る真鍋真博士
頭部の取り付けを見守る真鍋真博士(写真右)画像一覧

化石は1912年に初めて見つかり、ドイツに保管されていたものの第二次世界大戦で焼失。その存在が謎に包まれたままだったスピノサウルス。本展の監修を務める「国立科学博物館」の真鍋真博士は、「長い間、論文でしか残っていない謎の恐竜として有名でした。2000年代に入ってモロッコでポツポツと見つかり、2014年に全身の復元が完成して、今回日本で初めて公開になった」と話す。

160cmの巨大な頭が取り付けられたスピノサウルス。これまで発掘されたなかでも最大級というティラノサウルスの12mをも圧倒する肉食動物最大の15m
160cmの巨大な頭が取り付けられたスピノサウルス。これまで発掘されたなかでも最大級というティラノサウルスの12mをも圧倒する肉食動物最大の15m画像一覧

実は首長竜、魚竜は恐竜の分類に含まれず、これまで恐竜は水中で生活しなかったとされてきたが、同恐竜は水陸どちらでも活動。その常識を覆したうえで、さらに肉食としては珍しい4足歩行を行っていたと考えられ、真鍋博士は「変な、不思議な恐竜」と評した。この日、4人がかりで頭部を取り付け、全長約15mと史上最大の肉食動物の姿を見せたスピノサウルス。展示は2017年1月9日まで。入場料は一般1,500円ほか。

『恐竜博 2016』

日時:2016年9月17日(土)〜2017年1月9日(祝・月)・10:00〜17:00
会場:大阪文化館・天保山(大阪市港区海岸通1-5-10)
料金:一般1,500円、大高生1,000円、中小生800円
電話:050-5542-8600(8:00〜22:00)
URL:http://www.dino2016.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。