奈良吉野山へ、近鉄の観光列車が公開
2016.8.3 17:00

「上質な大人旅」をコンセプトに9月から運行を予定している近畿日本鉄道の観光列車「青の交響曲(シンフォニー)」が、大阪府松原市の天美車庫で8月3日に報道陣に公開された。

客車は1号車28名、3号車37名、定員65名で、ゆったりとした座席を有する
客車は1号車28名、3号車37名、定員65名で、ゆったりとした座席を有する画像一覧

大阪市内から桜の名所・吉野山までを結ぶ観光特急として運行される今回の車両。実は通勤電車として沿線では見慣れているえんじ色の6200系電車をベースに改造したもので、外装はクラシカルなデザインに、座席はすべて2列+1列のゆったりとしたデラックスシートへと変更。「建築系のデザイナーの方にデザインいただき、これまで近鉄にないデザインになりました」と広報担当者は話す。

座席幅は通常450mmのところ、480〜500mmと広めに。内装には、一部吉野産の竹材が使用されている
座席幅は通常450mmのところ、480〜500mmと広めに。内装には一部吉野産の竹材が使用されている画像一覧

また3両1編成の真ん中2号車は、共用スペースとして利用できるラウンジ車両に。ソファからの目線に合わせて窓の位置や大きさを決めたと言い、「パイプ椅子を持ち込んで何度も回送列車に乗り込み、段ボールで窓を囲いながら位置や大きさを決めました」と開発メンバーは話す。

革張りのソファー20席が並び、ホテルのラウンジを彷彿させる落ち着いた空間。メニューを注文せずとも自由に利用ができる
革張りのソファー20席が並び、ホテルのラウンジを彷彿させる落ち着いた空間。メニューを注文せずとも自由に利用ができる画像一覧

ラウンジで提供されるメニューは沿線の特産品を中心に、「柿の葉寿司」450円や「西吉野の柿スイーツセット」650円などの軽食やスイーツのほか、メニュードリンクも「吉野の地酒 飲み比べセット」1,200円や「地元ワイナリーの国産ぶどうジュース」450円など。テイクアウトして座席でいただくこともできる。

同列車は9月10日から大阪阿部野橋駅〜吉野駅間を運行。料金は運賃に加え、特急&特別車両料金として大人720円、子ども370円で、8月10日より発売される。

『青の交響曲(シンフォニー)』

日程:2016年9月10日(土)運行開始
料金:大人720円、子ども370円(別途要運賃)
URL:http://www.kintetsu.co.jp/senden/blue_symphony/index.html

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。