三浦春馬が女装、ドラァグクイーンに
2016.5.22 7:00

「タイム・アフター・タイム」などで知られるシンディ・ローパーが全楽曲を手がけ、演劇のアカデミー賞といわれるトニー賞(2013年)で6部門を受賞したブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』。その日本人キャスト版と本場アメリカからの来日版の2種類の舞台公演が決定、日本版では小池徹平と三浦春馬の2人が主演に。三浦はドラァグクイーンの女装に初挑戦する。

経営不振に落ちいった老舗の靴工場、その跡取り息子チャーリーがドラァグクイーンのローラに出会い、ドラァグクイーン専門のブーツ工場として再生する過程を描いた本作品は、魅力的な楽曲の数々が話題を集め、今もなおブロードウェイで人気を集めるヒット作だ。

KinkyBoots
©レスリー・キー画像一覧

これまで、岸谷五朗と寺脇康文の演劇ユニット「地球ゴージャス」や、古田新太が所属する「劇団☆新感線」といったエンターテインメント性の高い舞台を経験してきた三浦春馬は、本舞台では女装で迫力のエンターテイメントショーを魅せるドラァグクイーンを演じる。劇中の女装には、「メイクしたらどうなっちゃうんだろう(笑)」と楽しみにしているようだ。一方チャーリーを演じるのは、『デスノート』や『1789 -バスティーユの恋人たち-』と昨年から舞台に出ずっぱりの小池徹平。以前の会見で「大変だけどこんな楽しい仕事なんてない」と舞台への意欲を見せていた彼、本作にも期待を込め、「楽しみに見に来て欲しい。やっぱり生で観る芝居って最高ですから」とコメントした。

大阪公演は8月13日〜22日まで「オリックス劇場」(大阪市西区)で。チケットはS席13.500円ほか、6月11日から各プレイガイドで発売される。なお来日版は大阪で11月上演予定。

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

脚本:ハーヴェイ・ファイアスタイン
音楽・作詞:シンディ・ローパー
演出・振付:ジェリー・ミッチェル
日本版演出協力・上演台本:岸谷五朗
訳詞:森雪之丞
出演:小池徹平、三浦春馬、ソニン、玉置成実、勝矢、ひのあらた、ほか
日程:2016年8月13日(土)〜22日(月)
会場:オリックス劇場(大阪市西区新町1-14-15)
料金:S席13,500円、A席11,500円、B席9,500円、C席7,000円、D席5,5,00円
電話:0570-200-888(キョードーインフォメーション)
URL:http://www.kinkyboots.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。