中村義洋監督「編集でも泣いちゃう」
2016.5.6 9:00

『武士の家計簿』で知られる歴史学者・磯田道史の近著『無私の日本人』に収録されている一編を、『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』の中村義洋監督が映画化した『殿、利息でござる!』。主演の阿部サダヲをはじめ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平ら豪華キャストが集結した本作について、中村義洋監督を直撃した。

映画『殿、利息でござる!』のメガホンをとった中村義洋監督
映画『殿、利息でござる!』のメガホンをとった中村義洋監督画像一覧

原作は『無私の日本人』に収録されている『穀田屋十三郎』。金欠に悩む仙台藩から重税を課された小さな宿場町、吉岡宿が舞台だ。この町の行く末を心配する十三郎(阿部サダヲ)が知恵者の篤平治(瑛太)から復興の秘策として、藩に大金を貸し付け、利息を取ろうという計画を打ち明けられ、十三郎と仲間たちは私財をなげうって千両=3億円を調達すべく奮起した、という250年前の実話である。

「磯田さんの原作は『國恩記』を訳したものなんですね。で、その『國恩記』というのは、実際の話を栄洲瑞芝というお坊さんが、何も脚色しないで書いたものなんです。3、4年前、東日本放送の40周年記念で声をかけていただいたのが映画化の発端なんですけど、いろいろ企画を立てているときにこの原作と出合って。それで、絶対にこれをやった方がいいです、と説得したんです。震災をテーマにすることは前々から決まってたんですけど、なんか僕のなかではすごくリンクしてて。当時、被災に合われた方々の粛々とした佇まいが印象的でしたけど、その東北の人の強さみたいなものが、この原作にあるなぁと思って」

そんな原作でありながら、映画はポスターひとつとっても明らかにコメディ路線。当初、「当然シリアスでいくだろう」と監督も思っていたらしいが、プロデューサーからの提案に「それによって観る人が増えたり、広がったりするのであれば、伝えたいことがもっと明確になる気がした」と快諾。それでいて、メッセージ性の強い物語だけに、そのバランスには相当苦労したという。

「すごい大変でした(笑)。この話は、250年前の東北のあの地に、奇跡的にすごい人がいたということではないと思うんですね。原作にも『國恩記』にもちゃんと、どれぐらい躊躇したかも書いてある。銭を出す人もいれば、当然、出さない人もいる。そういう人たちが影でどういう陰口を叩いてたとか。そういうところって、すごく現代人と通じるよなぁって。だから、今の目線、価値観に合わせていきましたね。瑛太くんが演じた篤平治にしても、褒められようと思いつきで言ったことが、十三郎が本気になっちゃって困る、とか。だから鑑賞後、なんだ、今の自分たちと一緒じゃんと思ってもらえればうれしいです」

映画『殿、利息でござる!』© 2016「殿、利息でござる!」製作委員会
映画『殿、利息でござる!』© 2016「殿、利息でござる!」製作委員会画像一覧

とはいえ、実話。映画としてのエンタテインメント性は追及しつつも、そこへの配慮は徹底したという。阿部サダヲ演じる穀田屋十三郎、瑛太の菅原屋篤平治、松田龍平の萱場杢など、覚えづらい役名すらいっさい変更してない。ドラマなら美談で終わらす場面も、史実に沿って忠実に再現している。

「編集をしてる最中、最後の方に『実話』というナレーションが出てきたとき、自分でえらく感動して、泣いちゃったんですね。作っていると忘れがちなんですよ、実話ってことを。人の気持ちが変わる場面が多くてドラマティックな映画だから、どうしても実話ってことを忘れがちなんだけど、それは忘れさせたくなかった。だから、予定にはなかったんだけど、中盤のシーンにも『◯◯したという記録が残っている』というナレーションを入れたりして。この映画の登場人物は、竹内さんが演じた飯屋のおかみをのぞいて、実際にいた人ばかりなんです。穀田屋さんという酒屋さんなんて、まだあるしね。その人たちの努力があって、宿場の家数は今も減ってない。つまり、生きているんですよね」

5月14日の公開を前に(宮城県は先行上映、7日公開)、試写会や舞台挨拶、取材などで、全国各地を飛び回っている監督。これまで数々の映画を手掛け、多くの観客の反応を見てきた監督だが、本作でのそれはこれまでとは少し違うらしい。

「この前、舞台挨拶が終わった後にロビーに行って、出てくる人の顔を見てたんですけど、今までにない顔なんですよね。なんかね、笑顔なんですよ。でも、ニコニコではないんだよなぁ。みんな、おだやかなお顔になってるというか。あとね、『ありがとうございました』ってすごく言われて。そんなこと初めてだからビックリしましたね」

映画『殿、利息でござる!』
2016年5月14日(土)公開
監督:中村義洋
出演:阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平、山崎努、ほか
配給:松竹
大阪ステーションシティシネマほかで上映
© 2016「殿、利息でござる!」製作委員会
URL:http://tono-gozaru.jp

中村義洋(なかむら・よしひろ)
1970年生まれ、茨城県出身。映画監督、脚本家。成城大学在学中より8mm映画製作をスタート、1993年の『ぴあフィルムフェスティバル(PFF)』で準グランプリを受賞する。卒業後は伊丹十三、崔洋一、平山秀幸らの作品で助監督をつとめ、1999年に自主製作作品『ローカルニュース』で監督デビュー。2007年には、将来性のある新人監督に与えられる「新藤兼人賞」で金賞を受賞。以降、『チーム・バチスタの栄光』(2008年)、『ゴールデンスランバー』(2010年)、『白ゆき姫殺人事件』(2014年)、『残穢 -住んではいけない部屋-』(2016年)などを手掛ける。

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。