神戸開港150年、アサヒが記念ビール
2016.4.18 14:00

神戸開港150年を記念し、「アサヒビール」が「アサヒスーパードライ神戸開港150年記念ラベル」(中びん)を4月22日から神戸市を中心とした全国で発売する。

4月22日に発売される、アサヒビールスーパードライ「神戸開港150記念」ラベル(中びんのみ)
4月22日に発売される、アサヒビールスーパードライ「神戸開港150記念」ラベル(中びんのみ)画像一覧

国際貿易港(五大港)のひとつである「神戸港」は、2017年で開港150年を迎える歴史ある港。今回の記念ラベルは、アサヒビール・神戸統括支社長の山本泰利支社長が150年記念をより多く知ってもらうため神戸市に提案し実現したもの。

ラベルには「アサヒスーパードライ」のロゴマークの下に、「祝 神戸開港150年記念」と記載され、開港150年を記念するロゴマークが配されている。「ただビールを売るだけでなく、地域とともに盛り上がりたいという思いがある。開港記念をもあり上げ、神戸を訪れる方、全国の方に知ってもらいたい」と山本支社長は意気込む。

岡口神戸副市長(左)と神戸統括支社長の山本泰利支社長(右)
岡口神戸副市長(左)と神戸統括支社長の山本泰利支社長(右)画像一覧

2016年末までに約18,000ケース(20本/箱)、本数にすると約360,000本の販売を予定。本番となる2017年ももちろん予定本数は決まっていないが、継続して店頭に記念ラベルのビールが並べられるという。神戸市の岡口憲義副市長は「多くのスーパードライファンに認知していただければ、一層150年記念の盛り上がりにつながる大変すばらしい商品。重ねてお礼申し上げたい」と感謝の意を表した。

取材・文・写真/岡田由佳子

「アサヒスーパードライ神戸開港150年記念ラベル」

発売:2016年4月22日(金)〜12月末(予定)
URL:http://www.asahibeer.co.jp/news/2016/0415.html

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。