唯一の舞台美術賞にBRAVA!記念公演
2016.4.17 6:00

日本で唯一となる舞台美術専門の賞「第43回伊藤熹朔賞」に、「シアターBRAVA!」(大阪市中央区)で2015年4月に行われた音楽劇「麦ふみクーツェ」の美術を担当した柴田隆弘さんが受賞した。

『麦ふみクーツェ』千秋楽より。カーテンコールにはいしいしんじも登壇、音楽監督のトクマルシューゴの指揮によるアンコールで幕を閉じた
『麦ふみクーツェ』千秋楽より。カーテンコールにはいしいしんじも登壇、音楽監督のトクマルシューゴの指揮によるアンコールで幕を閉じた画像一覧

この賞は、舞台芸術において視覚的、美術的立場から演出に関わる人たちによる「日本舞台美術家協会」が、年間の最優秀作品を選考し授与。これまでの受賞者は、NODA・MAPの『エッグ』(2012年)で堀尾幸男さん、上川隆也主演の『真田十勇士』(2013年)で伊藤雅子さんなど。

本作は、「シアターBRAVA!」の 10周年記念公演シリーズとして行われ、いしいしんじの小説を演出家・ウォーリー木下が舞台化。主人公の少年・ねこが、少女・みどり色を始めとする風変わりな人々との交流や、様々な音楽体験を通じて成長する姿を描いた作品。まさに立体絵本から飛び出したようなかわいいステージには、様々な小道具や楽器が配され、観客のワクワク感をくすぐり、見ているだけで楽しくなる舞台美術だった。

柴田隆弘
1997年大阪芸術大学舞台芸術学科舞台美術コース卒。関西を中心に様々な劇団の舞台美術プラン製作を手掛ける。主な劇団に、スクエア、MONO、iaku、極道退屈道場など。

「伊藤熹朔賞」

URL:http://www.jatdt.net/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。