梅田に本格イギリス英語教室が開校
2016.4.19 18:00

【PR】
イギリスで1934年に設立にされた、由緒ある公的な国際文化交流機関「ブリティッシュ・カウンシル」が4月16日、大阪に英会話スクールをオープン。開校記念のプレイベント『英国カルチャーナイト』が開催され、イギリス英語ならではの表現や文化を伝えた。

ブリティッシュ・カウンシル駐日代表マット・バーニーが最初は日本語で、途中から英語で挨拶
ブリティッシュ・カウンシル駐日代表マット・バーニーが最初は日本語で、途中から英語で挨拶画像一覧

イベント冒頭に「ブリティッシュ・カウンシル」訪日代表のマット・バーニーが挨拶。「私たちはただの英語学校ではありません。エリザベス2世女王が総裁を務めるとあって、教育機関としてハイスタンダードなのはもちろん、UKと日本のかけはしとなる役割も担っています。そのために経験豊富なプロフェッショナル、なおかつフレンドリーですばらしい講師が集まっています」と、学校について説明。

左からトムとアレックス。和製英語クイズも披露。実は英語と思っていても、現地では通じないかも?
左から講師のトムとアレックス。和製英語クイズも披露。実は英語と思っていても、現地では通じないかも?画像一覧

ワークショップでは、3人の講師が出身地の食文化、観光名所、魅力などを語り、イギリス文化の奥深さを紹介。ロンドン出身のトムは、「bare(lots ofの意=たくさん)」、マンチェスター出身のジェームスは「sound(goodの意=良い)」、アイルランドのベルファスト出身のアレックスは「dead on!(perfectやgreatの意=バッチリ)」など、教科書では知ることができない生の英語表現なども披露し、参加者からは感嘆の声があがった。

当日参加したのは、事前に応募した約70名。「UKロックやダイアナ妃がきっかけでイギリスが好きに。ほかにも英会話学校に通ったのですが、やはりアクセントがアメリカとは違うので、ここで学びたいと思いました」、「友達が東京の学校にずっと通っていたので、興味があって来ました。地方の方言とか、文化のことも学べてとても楽しかったです」とイギリス文化が好き、また本場のブリティッシュ・イングリッシュが学びたいという人ばかり。

ワークショップ後に、参加者とフレンドリーに会話する講師トム。大阪に来て、好きな言葉は「食い倒れ」だそう
ワークショップ後に、参加者とフレンドリーに会話する講師トム。大阪に来て、好きな言葉は「食い倒れ」だそう画像一覧

講師のトムは「指定の教科書や教材はないので、自分が何を学びたいかというのを持ち寄りつつ、目標に向かって学ぶことが重要です。そして、少人数制で意見を交換できる場所であるのも特徴ですね。例えば、『デート』という話題で、18歳の学生と70歳の方が意見を交換したり。それぞれの視点や経験を語り合えるんです」。クラスは、ビジネス、日常、ソーシャルなどの目的に合わせてレッスンを選べるので、本場の英語を学びたい人には注目の学校となりそうだ。詳細については公式サイトで。

「ブリティッシュ・カウンシル 英会話スクール大阪校」

2016年4月16日(土)オープン
住所:グランフロント大阪 ナレッジキャピタル8F K807(大阪市北区大深町3-1)
時間:18:30〜/20:10〜、土曜10:00/11:40/14:10/15:50(レベルによって異なる)
電話:06-6136-3946(火~金13:30~20:00、土10:00~16:00、日・月曜休館)
URL:https://www.britishcouncil.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。