USJのハリポタ、魔法体感から体験へ

2016.4.12 21:50

4月12日に行われたプレビューで魔法に挑戦。やはりワンドを持つなら、制服は着ておきたいところ

(写真7枚)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)の人気エリア「The Wizarding World of Harry Potter(ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター)」が3年目を迎えて、魔法体験ができる「ワンド・マジック」とショー形式の「ワンド・スタディ」を、4月13日から新たにスタートする。

ワンド=杖は、もともと同エリアでは人気のアイテムとなるが、今回は新たな「マジカル・ワンド」が登場。今までのものと同様にハリー・ポッター、ロン、ハーマイオニーらのキャラクター杖なのだが、この新タイプを持っている人のみ「ワンド・マジック」に参加できるという内容に(従来のタイプも発売しているので、ご注意を)。このワンドを持って、正しい所作でスペルを唱えれば「魔法が使える」のだ。

「メテオロジンクス」と唱えれば、雪が降ってくる
「メテオロジンクス」と唱えれば、雪が降ってくる

ストーリー中にも登場するスペルを用いて、「インセンディオ」と唱えれば煙突から大きな炎が立ち上がったり、「メテオロジンクス」と唱えれば雪が降ったり! が、この動きがなかなか難しく、4月12日に行われたプレビューでは失敗する人も続出するほど。まさにホグワーツ魔法魔術学校の生徒が失敗しり、成功した時の気分を味わうことができる。

生徒たちがカッとなって争いそうになる場面も、まさにハリー・ポッターの世界
生徒たちがカッとなって争いそうになる場面も、まさにハリー・ポッターの世界

そして、新たに始まる新アトラクション「ワンド・スタディ」では、ホグワーツ魔法魔術学校4寮の生徒たちが登場し、学んだスペルを練習。日本語と英語を交えながら、ストーリーは進むのだが、「Brilliant(すばらしい)」や「Bloody Hell(スラング、なんてこったい的なニュアンス)」など劇中でも登場するひと言も(ファンなら聞き覚えあるはず)、まさに学校に入り込んだ気分になれ、さらに魔法の世界が近くなったように感じる。

「The Wizarding World of Harry Potter(ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター)」

場所:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区桜島2-1-33)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本