「おだしの日」認定、10月28日に
2016.4.5 20:00

関西地域でうどん店を中心に飲食店を50店舗展開する「太鼓亭」が、日本記念日協会から「おだしの日」の認定を受け、4月1日に、「関西おだし専門店 だし蔵」(大阪府豊中市)で記念日登録証授与式が行われた。「おだしの日」は、10月28日に制定。この日は、おだしの素材となる、かつお節の製法「燻乾カビ付け製法」を考案した和歌山県日高郡印南町の漁民、角屋甚太郎の命日であることから。

「記念日登録証」を手に、煮出し師の福本康利さん(左)と、日本記念日協会代表理事の加瀬清志さん(右)
「記念日登録証」を手に、煮出し師の福本康利さん(左)と、日本記念日協会代表理事の加瀬清志さん(右)画像一覧

日本のだし文化発祥の地は関西だとする同社。究極のだしを求め、日々研究を重ねてきた「煮出し師」福本康利さんが、かつお節のルーツを探っていたところ、角屋甚太郎という人物に行き着いた。1707年10月28日は、宝永大地震のあった日で、大津波が和歌山県を襲ったという。その津波で甚太郎は亡くなったのだが、これをきっかけに門外不出だった「燻乾カビ付け製法」が日本全国に広まることとなった。おだしの素晴らしさを知らしめるきっかけを作った彼の命日に「おだしの日」が制定されたわけだ。

角屋十三代目「ダルマ醤油」店主・久保田英介さんから贈られたお祝いのメッセージ
角屋十三代目「ダルマ醤油」店主・久保田英介さんから贈られたお祝いのメッセージ画像一覧

角屋の家系は「ダルマ醤油」(和歌山県日高郡)を営み、現在13代目。醤油はもちろん、だし醤油や鹿児島県枕崎産かつお本節などを取り扱っている。

ちなみに「日本記念日協会」は1991年にスタート。1999年に江崎グリコが「ポッキーの日」を11月11日に登録してから話題となり、これまでに認定した記念日は約1,450件。登録日や内容を公式サイトや書籍で発信、今秋にはカレンダーも発売される。

『関西おだし専門店 だし蔵』

住所:大阪府豊中市新千里東町1-3-126 せんちゅうパルB1
営業:11:00〜21:30(21:00LO) ※無休
電話:0120-012-998(9:30〜17:00、土日祝・年末年始休)
URL:http://www.kansai-odashi.com/

日本記念日協会
URL:http://www.kinenbi.gr.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。