少女絵画家・高橋真琴、大阪で原画展

2016.4.8 08:00

小さい頃、彼が描く乙女たちを目にしたはずの、高橋真琴の原画

(写真2枚)

きらきらと輝く瞳、華やかさの中にも凜とした愛くるしさがある少女の姿。国内外に多くのファンを持ち、60年以上にわたり幅広い世代を魅了し続けている画家・高橋真琴。今回は原画約150点の展示、グッズ販売を行う『〜カワイイ乙女アートの世界〜 高橋真琴の原画展』が「あべのハルカス近鉄本店」(大阪市阿倍野区)で5月11日〜17日に開催、15日には本人によるサイン会も行われる。

1953年に漫画家としてデビュー以来、雑誌の表紙、口絵、挿絵のほか、スケッチブックなどの文房具類でも少女画を手掛けてきた高橋。彼が描く絵の方向性は見事までに一貫性を貫き、何世代にもわたって少女たちが憧れる乙女の姿となっている。今回は、彼の画業のヒミツに、作品を通じて迫るイベント内容を予定。また、原画展に先駆け、4月23日から「母の日フェア」でコラボしたマカロンを限定販売するので、ファンであればこちらも見逃したくない。

母の日フェアで販売予定のマカロンは5個入、1,620円
母の日フェアで販売予定のマカロンは5個入、1,620円

『〜カワイイ乙女アートの世界〜 高橋真琴の原画展』

期間:2016年5月11日(水)〜17日(火)
時間:10:00〜20:00(最終日は〜17:00、入館は閉館30分前)
場所:あべのハルカス近鉄本店ウィング館4F第2催会場(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43)
料金:500円
電話:06-6624-1111

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本