京都市×スタバのエコアクション始動

2016.4.29 07:00

“Nothing” is “Charming”ー「ない」ことを楽しむ!社会実験イベントーを京都市内13店舗のスターバックスで開催

(写真1枚)

京都市とスターバックスがタッグを組んだ、エコアクションプロジェクト「YES,WE DO KYOTO!」。そのワークショップで、京都市民が考えた「京都らしいエコなライフスタイル」を楽しく実践するエコアクションの2つが、4月29日からスタート。京都市内のスターバックス16店舗で開始される。

ひとつは、「ない」ことを楽しむ、社会実験イベント。日本文化でもある「引き算の美学」をスターバックス店内で実践。4月29日の夕方から夜にかけて店内の「明かり」をなくし、そのときの気持ちや気づきを、居合わせた人同士で共有することを試みる。京都市内の13店舗で実施、各店の時間帯は公式サイトのイベント情報にて。

もうひとつは、布で「マイ スリーブ」を作るワークショップ。全国のスターバックスで1日約20万個利用されている再生紙製スリーブ(熱いドリンクを注文した際に付けてくれるカバー)の代わりに、折り紙のように布を折って、何度も使えるスリーブを作ろうというもの。この趣旨に賛同した京都の老舗風呂敷メーカー・宮井の協力により、風呂敷を使ったスリーブづくりを開催(こちらはすでに満席)。

京都市内のスターバックスでは、今後もユニークなエコアクションを次々に展開、いけばなのワークショップや、ランニングのツアーなどを予定している。

『YES, WE DO KYOTO!』

京都市環境政策局 地球温暖化対策室 
電話:075-222-4555(8:45〜17:30、平日のみ)

『YES, WE DO KYOTO!』

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 お客様相談室
電話:03-5745-5890(10:00〜18:00、無休)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本