関ジャニ∞が語る「大切な場所」
2016.4.27 18:40

2007年にスタートした関西テレビの『関ジャニ∞のジャニ勉』が、4月27日の放送で450回を迎える。『ジャニ勉』といえば、メンバーにとって現在唯一の客入れトーク番組にして、旧知のスタッフと作り上げてきた思い入れのある番組。27日に同局で行われた会見では、それぞれが番組に対する熱い思いを語った。

【関連記事】関ジャニ、ロケしたいメンバーを指名

jani

村上信五「今は東京でもいろいろやらしていただいてますけど、基本的には『バラエティのいろは』は全部ここで教えていただいたと思います。ロケもスタジオに関しても1から学ばせていただいた。関テレが潰れないうちはずっとやらせていただきたい」

横山裕「スタッフさんの頑張りに尽きます。地元の大阪に帰ってこれますし、頑張ろうって思う。なくなるとか想像がつかない。これに満足せず通過点として15年、20年続けていけるよう、スタッフさんと共にやっていけたらいいなと」

渋谷すばる「視聴者の方、そしてスタッフと一緒に歳を取っていけるようなものにできれば。『ジャニ勉』にしかない僕らもあると思うので、それを大事にしつつ、これからも続けていけたらなと思います」

大倉忠義「この番組で生まれるものもたくさんあるし、それがグループの空気感になっていたりするので、これからもタイトル通り、勉強させていただきたい。10年やってきて、発言できるようになったのが、つい最近なんで。トークに磨きをかけていきたい」

錦戸亮「なにより月1回大阪に帰ってきて収録することが、良いリズムになってると思います。スタッフさんが『こんなんやらせてみよう』っていう企画を練ってくれて、それに僕らが一生懸命応えたくなるような現場にしてくれている」

丸山隆平「他の番組ではないくらい、ホントに無茶ぶりをしていただく(笑)。関西でしかできないことをチャレンジさせていただき、すごく度胸がついたと思います。みなさまに愛され続けて10年、これからも上を目指してやっていきたい」

安田章大「まず観てくださる方々に感謝の気持ち。それと、良い意味でスタッフさんが僕たちを甘やかさない(笑)。スタジオにお客さんがいる番組が今これだけなんで、これからもこの勉強する場所がなくならないよう続けていきたい」

今では映画、ドラマ、バラエティなど、幅広く活躍するメンバーだが、ゲストとの絡みやフリートーク、また、スタッフとの共同作業など、この番組を通じて学んだことは数え切れない様子だった関ジャニ∞。地元関西との関わりを大事にしつつ、メンバー自ら切磋琢磨できるこの番組は、まさに彼らにとって「大切な場所」なのは間違いない。

関西テレビ『関ジャニ∞のジャニ勉』

放送:毎週水曜・深夜0:25~1:20
出演:関ジャニ∞ (渋谷すばる、錦戸亮、丸山隆平、安田章大、大倉忠義、村上信五、横山裕)
URL:http://www.ktv.jp/janiben/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。