レコ大新人演歌歌手 雨の戎橋で熱唱
2016.3.9 21:16

大阪市此花区出身の演歌歌手・徳永ゆうき(21歳)が9日、地元の「TSUTAYA EBISUBASHI」で店頭リサイタルを敢行。雨のなか、特技の車掌モノマネを織り交ぜながら、大阪メドレーなどを熱唱した。

雨のなか、店頭リサイタルを行った演歌歌手・徳永ゆうき
雨のなか、店頭リサイタルを行った演歌歌手・徳永ゆうき画像一覧

『NHKのど自慢』のグランドチャンピオン獲得をきっかけに、2013年にデビューした徳永(キャッチコピーは「日本の孫」)。翌年には『日本レコード大賞』新人賞を受賞し、今年は山田洋次監督の最新作『家族はつらいよ』で役者デビューも果たした演歌界の新鋭だ。この日はあいにくの天気のなか、寅さんの衣裳に身をまとい、まずは店頭のステージで『男はつらいよ』を熱唱。そして、普段は時間の関係上できないという阪神なんば線、JR西日本の車掌モノマネを長尺バージョンで披露。中川礼二ばりの車掌モノマネは、通りすがりのギャルも思わず振り返るほどだった。

21年の歴史を総括した「徳永ゆうき博覧会」コーナーをバックに車掌のポーズ
21年の歴史を総括した「徳永ゆうき博覧会」コーナーをバックに車掌のポーズ画像一覧

通行人を心をつかんだ徳永はすかさず、『大阪ラプソディー』『かに道楽』『やっぱ好きやねん』『宗右衛門町ブルース』などをメドレーで披露。映画の宣伝も忘れずに、最後は新曲『函館慕情』でしっかりと締めた。その後、会場5階で展開中の「徳永ゆうき博覧会」コーナーへ移動(3月9日〜31日)。囲み取材に応じた徳永は、わずか数十秒ながら「調子のいい鰻屋」役で銀幕デビューしたことについて、「演技力もまだまだですが、『調子のいい』シリーズで出演できたら。調子のいい駅員とかできればうれしいですね」と、趣味を兼ねた役者業にも興味を示した。映画は3月12日に公開、新曲は3月23日に発売される。

『家族はつらいよ』
2016年3月12日(土)公開
監督:山田洋次
出演:橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、ほか
配給:松竹
大阪ステーションシティシネマほかで上映
URL:http://kazoku-tsuraiyo.jp

徳永ゆうき『函館慕情』
2016年3月23日(水)発売
UPCY-5018(CD)/UPSY-5018(カセット) 1,300円
URL:http://www.itoh-c.com/tokunaga/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。