過去最大級の衝撃 野田秀樹の新作
2016.3.19 8:08

松たか子、瑛太、井上真央ら豪華俳優陣を招いた、野田秀樹率いるNODA・MAPの新作舞台『逆鱗』。東京公演に続いて、3月18日~27日には大阪市中央区の「シアターBRAVA!」(シアターブラバ)で上演される。

野田が「芝居で人を感動させるつもりがまったくない」(「Lmaga.jp」2012年6月のインタビューより)と発言しているにも関わらず、多くの人がNODA・MAPに惹きつけられる。それは、自分が今いる世界がほんの小さなキッカケで、一瞬にしてひっくり返される衝撃を体験できることが大きい。たとえば昨年の『EGG』では、スポーツで熱狂するフィールドに「731」という数字が出た瞬間、劇場全体が終戦直前後の満州の重い空気に一変した。

NODA・MAP第20回公演『逆鱗』撮影:篠山紀信
NODA・MAP第20回公演『逆鱗』撮影:篠山紀信画像一覧

笑いの絶えないエンタメの世界から、観客全員の襟首をつかんで、シリアスな現実の現場に放り込む、まさに垂直落下するフリーフォールのよう。その現実は、映像と違って「その現場」をライブで体験できるという演劇の特性を、最大限まで活かしたと言える世界なのだ。そして今回の『逆鱗』における衝撃度は、これまで私が観てきた野田作品の中でもトップクラスだ。

最初は「人魚ショー」を企画する水族館の人たちや、地上に現れたNINGYO(松)の話がコミカルに描かれていく。NINGYOがなぜ人魚について詳しいかを問われ「人魚同一性障害」と説明し、周りが「同化(どうか)してる女だ」とつっこむなど、野田お得意の言葉遊びも盛り沢山だ。本格的に舞台に復帰した松の、謎と慈愛にあふれた存在感。笑いを取りながらも、随所で影を見せる瑛太のたたずまい。そして大河ドラマとは打って変わった、井上の小悪魔な演技も観客を引き付ける。

NODA・MAP第20回公演『逆鱗』撮影:篠山紀信
NODA・MAP第20回公演『逆鱗』撮影:篠山紀信画像一覧

そんな舞台に散りばめられた言葉や、各人物の行動が次第につながりを見せ始め、ついには本作のキーワード「人魚は、ひとつの『逆鱗』を食べる」の意味が明かされる。この瞬間から、私たちが体感することになる「その現場」とは?

様々な感情を激しく突き動かされると同時に、今の日本に野田がこの物語を叩きつけてきたその意味を、考えずにはいられなくなるはずだ。まさにフリーフォールのように、衝撃が大きすぎてエクスタシーすら覚えるようなこの世界を、一度は体験してほしい。大阪公演の前売チケットは完売したが、全ステージで当日券が発売される。

取材・文/吉永美和子

NODA・MAP 第20回公演『逆鱗』

作・演出:野田秀樹
出演:松たか子、瑛太、井上真央、阿部サダヲ、池田成志、満島真之介、銀粉蝶、野田秀樹
日時:3月18日(金)~27日(日)
会場:シアターBRAVA!(大阪市中央区城見1-3-2)
料金:一般9,800円、高校生割引1,000円(全席指定)
電話:06-6946-2260(シアターBRAVA!)
URL:http://lmaga.jp/event.php?id=6795

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。