小松菜奈「友チョコを大量生産してた」
2016.2.11 22:23

累計発行部数165万部の人気少女コミックを実写映画化した『黒崎くんの言いなりになんてならない』(2月27日公開)。その舞台挨拶が大阪「TOHOシネマズ梅田」で11日に行われ、Sexy Zoneの中島健人、小松菜奈、千葉雄大の3人が登場した。

舞台挨拶に登場した小松菜奈
舞台挨拶に登場した小松菜奈画像一覧

ヒロイン・赤羽由宇を演じたのは、映画『渇き。』で日本アカデミー賞・新人俳優賞などを獲得した小松菜奈。ドS男子・黒崎と白王子こと白河の2人に翻弄される、「エロキュン」学園ラブコメディとなっている。

「ドタバタキャラを初めてやらせていただいたので、『どうすればいいんだろう?』と迷うところもあったんですけど、2人のキャラが濃いので、それに負けずに頑張ろうという感じで、やらせていただきました。由宇ちゃんを演じていて、最初は理解不能だったんですけど(笑)、真っ直ぐなところとか好きになっていきました」

また、間近に迫ったバレンタインに話題がおよぶと、小松は「う〜ん、友チョコを必死に、大量生産していましたね。本命って、緊張するじゃないですか」とコメント。すると千葉が「けんてぃーはさ、どう思う? 友チョコ制度」と中島に話題をふると、「まぁ、ちょっとまぎらわしいよね。バレンタインって男のロマンだよ」と回答。ひとしきり男子2人で盛り上がったあとに、中島が「本命にだけ、メッセージカードとか入れたらいいんじゃないですか」とアドバイスすると、小松は「好きですとか書くんですか? 参考になりました」とサラリとかわし、場内を笑いに包んだ。

小松が演じたのはヒロイン・赤羽由宇
小松が演じたのはヒロイン・赤羽由宇画像一覧

映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』

2016年2月27日(土)公開
監督:月川翔
出演:中島健人、小松菜奈、千葉雄大、高月彩良、岸優太、ほか
配給:ショウゲート
1時間33分
TOHOシネマズ梅田ほかで上映
©「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会
URL:http://kurosakikun-movie.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。