橋本環奈が銃乱射、大阪のノリに快感

2016.2.8 08:25

橋本環奈(右)と前田弘二監督(7日・大阪市内)

(写真4枚)

角川映画40周年記念作品『セーラー服と機関銃-卒業-』の舞台挨拶が2月7日、「TOHOシネマズ梅田」(大阪市北区)でおこなわれ、主演の橋本環奈と前田弘二監督が登場。大勢のファンの歓声が上がる中、お決まりのポーズで会場を大いに盛り上げた。

本作は1981年に映画化された『セーラー服と機関銃』の続編。これまで薬師丸ひろ子、原田知世、長澤まさみが主役を演じてきたこの作品に対して、「すごいプレッシャーだった」と話す橋本。「出演者も迫力ある人ばかりで、組長としてどうすればいいか悩みましたが、スタッフのみなさんと一緒に星泉という役を作り上げていきました」。そんな彼女を前田監督は、「根性が座っていて、ハードなシーンにも主役として立ち向かってくれました。とにかく、橋本さん演じる星泉が輝いています。映画界に舞い降りた天使を見ていただきたいです」と絶賛していた。

観客の大げさなリアクションに喜ぶ橋本
観客の大げさなリアクションに喜ぶ橋本環奈(7日・大阪市内)

「大阪のイメージは?」という質問に「街が活気に溢れていて、ノリがいい印象」と答えた橋本に対して「では実際にそのノリを体験していただきましょう」と、舞台上に機関銃が登場。橋本が客席に向けて乱射すると、観客全員がお約束通りのリアクションを返し、「快感!」と名台詞を。「こんなノリのいい関西のみなさんに喜んで観ていただきたいです」と締めくくった橋本。映画は3月5日から公開される。

取材・文・写真/谷知之

映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』

2016年3月5日(土)公開
監督:前田弘二
出演:橋本環奈、長谷川博己、安藤政信、ほか
配給:KADOKAWA PG12
© 2016「セーラー服と機関銃 卒業」製作委員会

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本