月7日だけ、南大阪の革ブランド開店
2015.12.11 11:00

全国のセレクトショップや雑貨店で販売されている南大阪発の革製品ブランド「Teha’amana(テハマナ)」。今まで、全商品をチェックできるのはウェブショップだけだったが、全国にファンが拡大し他府県から河内長野まで訪れる人も多かったため、月に1週間だけ工房での販売をスタートさせた。

革小物を縫う時に使う蜜蝋のために日本蜜蜂も育てており、ハニカムモチーフのアイテムも多数
革小物を縫う時に使う蜜蝋のために日本蜜蜂も育てており、ハニカムモチーフのアイテムも多数画像一覧

「2年半前に工房を新築したときに、販売できるようギャラリースペースは準備していました。ただ、ひとつずつ手作業で職人が縫い上げるため、そんなに数が作ることができないんです。期間限定であればなんとかできるかなと思って」と代表の西本剛さん。

バッグや財布などの革小物は、昔ながらのタンニンなめしの革(ヌメ革)だけを使用。使い込むほどに増すヌメ革ならではのツヤや風合い、そして流行に左右されず、長く使いたくなるオリジナルのデザインが人気の秘密だ。また、「犬用の首輪・リード、カメラのストラップなどお客さんのリクエストで作ったものや、趣味の自転車用のサドルやグリップなどあったらいいなってものも商品化しています」と、生活を彩る革アイテムも。

工房は桃で有名な河内長野の小山田バス停前に
工房は桃で有名な河内長野の小山田バス停前に画像一覧

「できるだけ革を無駄にしない」というポリシーから、定番商品でも小ロット生産が基本。そのためにキーホルダーやアクセサリーなど、端材を有効利用した小物も充実。また、ほかでは大変すぎてなかなか実現できない裁断、目打ち、手縫いなどの工程を行っているため、大量生産ものとひと味違う革製品が見つかるはず。オープン期間に行けば実際の職人とお話でき、また色別注(有料)も相談できるので、ぜひ足を運んでみて。

取材・文/天見真里子

「Teha'amana(テハマナ)」

2015年12月7日(月)オープン
営業:2015年12月7日(月)〜12月13日(日)、2016年1月18日(月)〜24日(日)、2月15日(月)〜21日(日)
住所:河内長野市小山田町2528-18
時間:11:00〜18:00 
電話:0721-52-3822
URL:http://www.tehaamana.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。