温泉プールも、神戸港に日帰り温泉
2015.12.11 21:17

神戸港の第一突堤に宿泊施設「神戸みなと温泉 蓮」が12月17日にオープンする。地下1,150mから湧出した温泉を大浴場・露天大浴場と海際にある混浴温泉プール、岩盤浴などの施設をラグジュアリー気分で、日帰り利用できるとあって人気スポットとなりそうだ。

源泉かけ流しの露天風呂も
源泉かけ流しの露天風呂画像一覧

驚くべきは施設の充実ぶり。まるで、最新のスーパー銭湯と温泉旅館の長所を併せ持ったよう! 浴場では掛け流しの源泉はもちろん、話題の炭酸泉、寝っ転がれる寝湯、一人で堪能できる壺湯、歩行できる足湯、柚子などを浮かべた季節のお風呂、流水式アロマナノミストサウナ、ドライサウナも。そして、乾かすのに、ジェット気流で水滴を落とすという最新のワンタッチドライブースを導入している。

休憩スペースはブラックを基調とした落ち着いたスペースに
休憩スペースはブラックを基調とした落ち着いたスペースに画像一覧

7つの岩盤浴、1つの溶岩浴合わせて全8室。ローズの香りとピンクの岩塩で自律神経のバランス調整を目指す「薄紅」、ジュニパーの香りと溶岩石でデトックスを目指す「墨」と各部屋で香りも目的も異なり、そのうち一室はホットヨガスタジオにもなる。岩盤浴を巡回できるように外へ出ずとも隣室へそのまま回遊できるのも珍しい試み。

冬でも楽しめる温泉を使った混浴温泉プール
冬でも楽しめる温泉を使った混浴温泉プール画像一覧

入浴後に利用できるリラクゼーションラウンジ「空と海」では、ポートタワーと海を眺めながら過ごせる重厚なソファスペースと、ゴロンと横になってテレビも楽しめる電動リクライニングマッサージルームも。「御食事処 水蓮」では、館内着でリラックスしつつ神戸の地酒と、旅館の料理人が手掛ける季節御前やおでんなど一品料理を楽しむことができる。

指圧・アロママッサージ・タイ古式マッサージ、健康増進カウンセリングルームなどもあり、終日過ごせそうな勢い! そして、高齢者の利用を見込み、基本的にはバリアフリーを目指した空間となっているのもポイント。約30分ごとに三宮駅から無料のバス送迎もあり、街なかで思い立ってすぐ温泉なんてことも可能に。

「神戸みなと温泉 蓮」

2015年12月17日オープン
住所:神戸市中央区新港町1−1
時間:10:00〜24:00(プールは〜22:00、岩盤浴〜23:00)
料金:入館料=平日2,559円、土日祝2,991円、岩盤浴「八蓮花」利用料1,080円、混浴温泉プール・屋内フィットネスプール1,080円、ほかセット料金ありhttps://ren-onsen.jp
電話:078-381-7000
URL:http://ren-onsen.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。