キスマイ玉森、関西弁で「好きやで」
2015.11.5 21:05

累計100万部を超える有川浩のロングセラー小説を映画化した『レインツリーの国』。その舞台挨拶が5日に大阪市内で行われ、映画初主演を務めたKis-My-Ft2の玉森裕太が、ヒロイン役の西内まりや、三宅喜重監督とともに登場した。

玉森の関西弁について語る三宅喜重監督
玉森の関西弁について語る三宅喜重監督画像一覧

主人公・伸(しん)は大阪出身の社会人ということで、劇中のデートシーンには大阪駅南口や道頓堀、天王寺公園北口、グランフロント大阪といったおなじみのスポットが登場。大阪での撮影について玉森は、「関西の方々がすごいフランクに絡んでくれてうれしかったです。誰の撮影してるんやー?!”って大きい声で言うし(笑)」と関西のノリに驚いたと当時を振り返った。

今回、関西弁に初挑戦した玉森。「25年間ずっと標準語だったので、めっちゃ難しかったですね。撮影に入る前から徹底的に関西弁を叩き込まれました」と苦戦した様子だったが、この日集まったファンからは拍手が起こり、関西人から認められホッとした表情に。三宅監督は「やっぱり関西の人ってちょっとニュアンスが違うだけで気になるじゃないですか。だからすごく厳しく指導しました」と玉森の関西弁に満足したようだった。

女性の好きな関西弁について「めっちゃ好きやねん!!”って全力で甘えた感じで言われてみたいです!」とコメント。それに応え、ファンが全力で「めっちゃ好きやね~ん!」と叫ぶと、「良いっすね、関西弁ってなんか良いっすね~! ずっと聞いてられるな~」と満面の笑み。司会者に促され照れながらも、「せやな。俺も、めっちゃ好きやで」と返すと、ファンはさらに大歓声に。「本当に心暖まるラブストーリーなので(一緒に)観たい人と観てな!」と関西弁で締めくくった。

映画『レインツリーの国』

2015年11月21日(土)公開
原作:有川浩(角川文庫)
監督:三宅喜重
出演:玉森裕太、西内まりや、森カンナ、大杉漣、高畑淳子ほか
配給:ショウゲート 1時間48分
TOHOシネマズ梅田ほかで上映
URL:http://raintree-movie.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ