淡路産鹿肉100%のジビエバーガー
2015.11.16 15:55

昨年から注目を集めている、野生鳥獣を使った「ジビエ」料理。そんななか、淡路産の鹿肉を使用した「グルメ・ザ・ジビエバーガー」が1日30食限定で販売される。

jibie

ジビエとはフランス語で、狩猟によって捕獲された鹿、猪などの肉のこと。低脂肪で栄養価が高いことに加え、供給量が読めないことから、貴重な食料として人気だったが、近年は、野生動物による深刻な農作物被害から守るための、地域の取り組みとしても注目されている。また、ぐるなび総研による2014年の「今年の一皿」にも選ばれている。

手掛けたのは、兵庫県南あわじ市にある「淡路アグリファーム」。被害の食い止めや狩猟の動機づけ、特産品としての流通を目指し、淡路島内で唯一のジビエ専用の食肉処理施設を稼働させた。そのプロジェクトの第一弾として商品化したのが、この「グルメ・ザ・ジビエバーガー」となる。

価格は単品842円。同社が運営する欧風バル「南あわじ美食農園オリザ」の中之島スピニング店と阿倍野店で12月1日より販売される。

取扱店

[淡路アグリファーム]
URL:http://awaji-agrifarm.jp

[南あわじ美食農園オリザ]
URL:http://restaurant-oryza.com

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ