関西エンタメ界を賑わす男だけの劇団
2015.10.1 18:42

舞台を中心に活動し、関西のエンタメ界を賑わせている男だけの劇団「Patch(パッチ)」をご存じだろうか。4年前に結成されるも、当時オーディションで集められたメンバーはほぼ全員演技経験なし。劇団コンセプトは、”関西を演劇で盛り上げる”と掲げながらもゼロからの出発だった。

左から第一期メンバーの竹下健人、村川勁剛、松井勇歩、中山義紘
左から第一期メンバーの竹下健人、村川勁剛、松井勇歩、中山義紘画像一覧

数少ない経験者だった中山義紘ですら「僕は学校で演劇を学んでいたけど、プロの世界は全然違いました」という。しかし末満健一など、関西の作・演出家たちに鍛えられ、公演ごとに目を見張る成長ぶりを見せる。「特に末満さんは絶対甘えられない。”芸能界に入れた”と浮かれた気分を、根本から叩き直されました」(松井)と、技術とともに意識面も育てられたという。

『幽悲伝』
『幽悲伝』画像一覧

今では、NHK連続テレビ小説『あさが来た』に竹下と中山が出演するなど、舞台以外でも劇団員の活躍が目立ってきた。ここでメンバーはあらためて「やはり舞台を観てほしい」と口をそろえる。「日本代表のラグビーの試合を観た時、ルールを知らなくてもカッコよくて泣いたように”演劇のことはわかんないけど感動した”と言ってもらいたい」(竹下)

次回作『幽悲伝』は、前述の末満が作・演出。日本最古の神話『古事記』をベースに、王族の兄弟が対立していく姿を通して「現代版の神話」を描く。「僕を含め、自分の性格と真逆のキャラを振られた人が多い」(村川)と言う通り、今回も末満からの挑戦状的な舞台となる模様。「今は全員すごく演劇にのめり込んでる。やっと”劇団力”を見せられる時が来たのでは」(竹下)と、挑戦を受ける気合いは十分だ。

彼らをきっかけに演劇に触れるようになったファンも着実に増え、これからの活躍も楽しみ。テレビやイベントで彼らを見かけて少しでも気になったら、ぜひ舞台を観に行くべしだ。

取材・文/吉永美和子

Patch stage vol.7『幽悲伝』

作・演出:末満健一
出演:村川勁剛、松井勇歩、竹下健人、中山義紘、三好大貴、井上拓哉、吉本考志、杞山星璃、ほか

日程:2015年12月19日(土)・20日(日)
会場:森ノ宮ピロティホール
料金:前売5,500円、当日6,000円(全席指定)
URL:http://www.piloti-hall.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。