京都鉄道博物館のSL、新客車が公開

2015.10.29 16:10

新客席

(写真3枚)

京都梅小路公園に来春開業予定の[京都鉄道博物館]。オープンに先立ち敷地内を走るSLの新客車が公開された。

2015年8月に閉館した[梅小路蒸気機関車館]で人気だったSLスチーム号は引き続き新施設の目玉に。開業に合わせて1両40席しかなかった客車は約100人乗りへ大型化、京都造形芸術大学の学生がその新客席をデザインした。

車体のメインカラーは聚楽ぶどう色。「SLが走っていた時代によくあった客車の色」と学生の梶原さんが話すように、昔を知る人や資料を参考にリサーチを行い、レトロなテーマに則したデザインを考案したとのこと。さくら、日本海、はくとなど、往年の特急車両で使われたヘッドマークもモチーフに、車体や座席にイラストがデザインされている。

デザインを担当した学生ら
デザインを担当した学生ら

この日初めて完成した車両に乗った学生たちは、「すごいっ。自分たちのデザインがこんなに忠実に再現されるなんて、鳥肌が立ってくる!」と興奮気味に話した。

[京都鉄道博物館]

2016年春オープン予定
住所:京都市下京区観喜寺町

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本