元タカラジェンヌ指導、堺少女歌劇団
2015.9.1 17:02

大阪の堺東(さかいひがし)商店街で開催されたバルイベント『ガシバル』。その最終日となる8月29日、地元出身の少女たちで構成された「堺少女歌劇団」が、瓦町公園の舞台でステージ・パフォーマンスを熱演。小学校1年生から中学3年生まで、4回のステージで77人の美少女が心をひとつにして歌い、踊った。

最前列の6人はバックの下級生の見本、始まりの挨拶も緊張する瞬間
最前列の6人はバックの下級生の見本、始まりの挨拶も緊張する瞬間画像一覧

「堺少女歌劇団」は、仙堂花歩、花城アリア、初花美咲ら、レッスン講師全員が宝塚歌劇出身という地元密着のプロジェクト。2014年に結成され、商店街のイベントなどにたびたび出演、地域に愛され親しまれている。今回のショーでは、マイクはあるもののほとんど生声で歌い、踊り、途中、息が上がりそうになりながらも懸命に見せる笑顔が印象的だ。

この日の前半は、小学生のみが出演。これまで先頭でリードしていた6年生や中学生のメンバーが不在で、最前列のメンバーにとって、大きなプレッシャーがかかる舞台となった。しかし、最前列の6人は「一列目は初めてなので、とても緊張した。でもお客さんの拍手や笑顔が見えたのでショーが楽しめたし、お客さんにも喜んでもらえてうれしかったです」と、屈託のない笑顔でショーを振り返った。

キャンペーンに参加したお姉さんメンバーたち
キャンペーンに参加したお姉さんメンバーたち画像一覧

また、彼女たちは毎月一度、自転車マナーアップを盛り上げる自転車マナーアップガールズも務めている。商店街でのキャンペーン活動は大好評で、効果は絶大なんだとか。笑顔で地元を盛り上げる「堺少女歌劇団」。すでに『堺まつり』(10月18日)の出演も決定、今後の活動にも注目してみて。

取材・文・写真/岡田由佳子

「堺少女歌劇団」

URL:http://www.sakai-shoujokagekidan.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。