ダイオウイカの巨大スルメを初展示
2015.8.19 16:25

須磨海浜水族園で開催中の特別展『須磨怪奇水族園ー古今東西!水辺の妖怪』で、7月30日からダイオウイカのスルメ状態になった乾燥標本が展示されています。水族館としては初の試みでもあり、来園者にもその珍しさから大人気。海の怪物とも呼ばれる巨大イカと記念撮影する人が続出しています。

冷凍保存されていたダイオウイカ
冷凍保存されていたダイオウイカ画像一覧

普段であれば、ダイオウイカの展示は腐敗を防ぐためにホルマリン液に漬けられた状態がほとんど。しかし、今回は飼育展示部長の大鹿達弥さんのアイデアにより、もっと近くで見てもらえるように乾燥標本化にすることを思いついたそう。

神戸の加工会社・伍魚福に依頼し、通常のスルメの作り方をもとに約8日間もかけて加工。体長3.2m、体重70kgもあったダイオウイカがぺっちゃんこになり、約2/3程度に縮んだとは言えども迫力満点! ほのかにスルメの香りもするんだとか。

まさにスルメ状態で乾燥中!
まさにスルメ状態で乾燥中!画像一覧

ちなみに、ダイオウイカはもともと京都水族館が冷凍保存していたもので、展示後は返還される予定とのこと。また、加工に携わった伍魚福は、次にダイオウイカが入手できた際には「一夜干し焼きいか」など、商品化にチャレンジしたいとのことだ。

須磨怪奇水族園ー古今東西!水辺の妖怪

期間:2015年7月18日(土)〜11月8日(日)
時間:9:00〜17:00(8月中は〜20:00)
場所:神戸市立須磨海浜水族園 和楽園展示館特別展示室
料金:無料(要入園料、大人1,300円、中人800円、小人500円)
電話:078-731-7301
URL:http://www.sumasui.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。