戦後70年 手塚「アドルフに告ぐ」再評価
2015.6.23 19:30

第二次世界大戦前後のドイツや神戸が舞台の長編漫画『アドルフに告ぐ』。手塚治虫作品の中でもハードな社会派と謳われるこの作品が、相次いで舞台化。戦後70年の節目に注目されています。

舞台『アドルフに告ぐ』 写真/引地信彦、提供/KAAT神奈川芸術劇場
舞台『アドルフに告ぐ』 写真/引地信彦、提供/KAAT神奈川芸術劇場画像一覧

ひとつ目は、過去に『ブッダ』や『火の鳥』を手がけたことのある鬼才・栗山民也演出作品。「宇宙の中の一匹の小さな虫に焦点を当てるのが手塚作品」と評する栗山が、その緻密な演出術を発揮する。

劇団スタジオライフによる再演
劇団スタジオライフによる再演画像一覧

もうひとつは、2007年に同作品を舞台化した劇団スタジオライフによる再演。脚本・演出の倉田淳は、「遠くに軍靴が聞こえつつある今、この作品は後に受け継いでいかなければいけないと思う」と話す。

現在「宝塚市立手塚治虫記念館」(兵庫県宝塚市)では、『戦後70年に考える「アドルフに告ぐ~ぼくは戦争の語り部になりたい~」展』が開催中。「僕にとっては(戦争は)歴史じゃなく現実だった。戦争の語り部が年々減っていくので僕なりに漫画で伝えて、ケリをつけたかったんですよ」と語っている手塚。これらの舞台や展示から”語り部”として伝えたかった手塚の思いを感じたい。

「アドルフに告ぐ」

舞台「アドルフに告ぐ」
原作:手塚治虫 脚本:木内宏昌 演出:栗山民也
出演:成河、松下洸平、髙橋洋、朝海ひかる、鶴見辰吾、ほか
日程:2015年6月27日(土)・14:00〜、28日(日)・13:00〜
会場:京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)
URL:http://www.k-pac.org/

スタジオライフ「アドルフに告ぐ」
原作:手塚治虫 脚本・演出:倉田淳
日程:2015年8月22日(土)・13:00〜/18:00、23日(日)・13:00〜
会場:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
URL:http://www.studio-life.com/

「戦後70年に考える「アドルフに告ぐ~ぼくは戦争の語り部になりたい~」展」
期間:2015年3月1日(日)〜6月29日(月)・水休
時間:9:30〜17:00
会場:宝塚市立手塚治虫記念館
料金:無料(別途入館料)
電話:0797-81-2970
URL:http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ