アヒル、レモン・・・変わり具カレーが熱い
2015.6.30 15:04

カレーといえば、牛、豚、鶏といったお肉に、じゃがいも、にんじん、玉ねぎetc・・・。そんな日本人の常識を覆す「これが具に?」「見たこともない色・・・」なオリジナリティーあふれるカレーが関西でじわじわと人気を呼んでいます。そのなかでも珍しい、ミャンマー、パキスタン、インドで愛される超個性派なカレーをご紹介。家ではもちろん再現不可能な、その国ならではの文化と歴史がひと皿に凝縮された味わいは一度体験すべしです。

ミャンマーの智恵に脱帽「ダックカレー」
ミャンマーのカレーといえば、乾燥スパイスよりもミント、バジル、ピンドーテンの葉などのフレッシュハーブが主役ですが、そのスキッと爽快な香りで北京ダックを煮込むという智恵には脱帽。ミャンマーでは北京ダックを皮だけでなく肉も食べるらしく、その柔らかな肉質と辛さ控えめかつ気品のあるコクは、ほかのチキンやマトンカレーとはひと味違った味わいに。1,050円

「シュイガンゴー」のダックカレー1,050円
「シュイガンゴー」のダックカレー1,050円画像一覧

ヒツジを堪”脳”「ブレインマサラ」
このお店の看板メニュー&人気No.1カレーの具は、ずばりヒツジの脳みそ! 気になる臭み&クセはほぼ皆無。フグの白子に似た深いコクととろける食感で、パキスタンの高級料理というのにも納得です。また、トマトや玉ねぎのまろやかなコク、じんわり効いたスパイスが絶妙で、モチふわのチーズナンと相性抜群。1,300円

「アリーズキッチン」のブレインマサラ1,300円
「アリーズキッチン」のブレインマサラ1,300円画像一覧

夏にぴったり爽やか「レモンカレー」
レモンバターマサラと呼ばれるインドカレーで、スパイスの味わいに時々ほのかに覗かせるレモンの苦みと酸味が、驚くほど軽快なあと口に。また仕上げにパクチーをのせることで、クリーミーかつ爽やかな味わいとなり、夏にぴったり。不定期メニューにつき、登場日の朝にFacebookにて告知されるそうなので要チェック。1,000円

「変わり具カレー」

「ミャンマー料理 シュイガンゴー」
住所:神戸市長田区二葉町3-11-12
時間:11:30〜15:00、18:00〜21:30 ※月火休(月曜が祝日の場合は月曜営業)
電話:078-779-1564

「アリーズキッチン」
住所:大阪市中央区心斎橋筋1-10-12 トレスビルB1
時間:11:00〜14:45、17:00〜23:00 ※無休
電話:06-6553-2292
URL:http://www.aliskitchen.jp/

「辛口飯屋 森元」
住所:大阪市北区西天満4-1-5 若松町センタービル1F
時間:11:30〜16:00(土曜は〜15:00、共に売切次第終了) ※日祝休
電話:090-8821-0733
URL:https://www.facebook.com/morigen714

「京阪神カレーの本」
盛り上がり中の京阪神のカレーシーン、この1冊で丸わかりです。カレーのバリエやイベントまでと実に多彩。名店の集結ぶりが著しい大阪は6エリアをカバー!
定価:756円
URL:http://lmaga.jp/mook/curry_book.html

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。