お味噌汁復活、関西から全国に
2015.5.14 10:58

毎朝、お味噌汁をいただく生活を。そんな日本人のソウルフードを復活すべく、関西で活躍する料理家・平山由香さんを中心に6人の有志が集まり、『お味噌汁復活委員会』を立ち上げ、関西を中心に、全国へ広げようと活動しています。

キュイエール料理教室を主宰する料理家・平山由香さん
キュイエール料理教室を主宰する料理家・平山由香さん画像一覧

キュイエール料理教室を主宰する平山さんが、体の不調を改善するために朝ごはんでいろいろ食材やメニューを試し、「お味噌汁を飲み続けてみたら、体調がいつもよりいいかもと感じて」と、毎日、SNSにアップ。すると、普段の気合いを入れた料理記事よりも評判が良く、男性の方からも「お味噌汁は好きだけれども、妻が作ってくれない」とのコメントも多かったとか。

そこで、平山さんが周囲をリサーチしたところ、「だしをとるのが面倒くさそう」、「そんなに大鍋で作っても飲みきれない」「朝はパンだから」「夜はお酒を優先するから、おかずだけ」・・・とお味噌汁の存在が忘れられつつあることに危機感を抱き、もっと広めたいと思っていた中、薬膳師、野菜シニアソムリエ、料理家がSNSなどを通じて集まったことで、委員会を発足。

「今、発酵食品が注目されていますが、一番身近なのはお味噌汁。しかも簡単に作れ、ほっとする一品ですよね。昔、お母さんが大鍋で作っているイメージをそのまま抱いている方も多かったので、1〜2人前でも気軽に作れ、どんな食材を入れても合うということを伝えたいんです」と、平山先生。

トマトとモッツアレラに白味噌をあわせて、オリーブオイルも風味付けに
トマトとモッツアレラに白味噌をあわせて、オリーブオイルも風味付けに画像一覧

実際、平山先生は、トマト、モッツァレラ、イチジクなどさまざまなお味噌汁を提案。その広める一環として、5月に芦屋で、10月に高知でお味噌汁ワークショップを行い、7月には全メンバーが集まるイベントも予定。組み合わせに工夫を凝らしたお味噌汁をみんなと一緒に作り、おむすびと楽しむ・・・日本人にとって、当たり前の風景がまたココから始まるのかもしれません。

「毎日食べたいお味噌汁 私のひと椀を仕立てるお味噌汁のワークショップ」

日時:2015年5月27日(水)・12:00〜/14:30〜
場所:スペースR 3F(芦屋市茶屋之町1-12)
料金:4,500円(お土産付き)
電話:0797-38-2949(スペースR)

URL:https://www.facebook.com/misoshirusoup

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。