大阪でプレゼン、映画「星の王子さま」
2015.5.20 17:16

星の王子さまと砂漠で出逢ったあの飛行士は生きていた・・・。砂漠に不時着した青年飛行士が、ちいさな星からやってきた王子と出会う『星の王子さま』は、1943年にアメリカで出版されて以来、世界270以上の言語・方言に訳される大ベストセラー作品(翻訳の多さでは聖書の次なんだとか!)。その物語の、”その後”を描いた長編アニメーション映画が今年11月に公開されることに。

その映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』は、”現実世界”を最先端のCGアニメーションを使い、さらに”イマジネーションの世界”を繊細な紙製パペットのコマ撮りで制作したハイブリッド・アニメーション。先日、プレゼンテーションのために来阪したマーク・オズボーン監督とキャラクター監修の四角英孝(なんと大阪・枚方出身!)が、17分間のフッテージ映像とともに制作秘話を語った。

マーク・オズボーン監督とキャラクター監修の四角英孝(右)
マーク・オズボーン監督とキャラクター監修の四角英孝(右)画像一覧

マーク・オズボーン監督は、『カンフーパンダ』で一躍その名を知らしめ、ジブリ好きでも知られるアメリカ人監督。フランスに惚れ込んで、一家で移住してしまうなど、好きなものにはトコトンのめり込むタイプだ。「この原作小説は、僕と妻の愛を支えた思い出の物語でもある。25年も前の話だけど、学生時代にアニメーションの勉強のため遠距離恋愛をすることになったとき、彼女から手渡されたのが『星の王子さま』。”大切なものは、目に見えない”という一節は、離ればなれでも心が繋がっていることを教えてくれた。もうボロボロだけど、大切な1冊なんだ」と思い入れたっぷりにコメントした。

それだけに、「映画にして欲しい」とオファーされた時は、即座に「NO!」と断ったんだそう。が、どうしても頭から離れず、何か方法があるのでは?と考えて思いついたのが、当時幼かった自分の娘に、本を読む体験の素晴しさを伝えるというテーマだった。「70年前に書かれたものだけど、今の時代も変わらず共感できる。この映画もそうでありたいね」。

一方、6年間ディズニーに勤務し、『塔の上のラプンツェル』や『シュガー・ラッシュ』などを手がけてきた、キャラクター監修の四角英孝は、「撮影には、キャラクター準備だけでも膨大な作業がある」と映像を交えて語り、CGの世界の奥深さを見せつけた。「リアルにやりすぎるとキャラの動きを殺してしまうんです」。アニメらしい誇張とリアルさとの共存を目指す四角にとって、CGとストップモーションアニメを融合させるという本作の挑戦は、求めていた”次の道”だったという。

新旧の技術が混ざり合い、温もりが伝わる新しいCGの世界を生み出した『リトルプリンス 星の王子さまと私』。フランス人のサン=テグジュペリがアメリカで出版した原作を、フランスに移住したアメリカ人監督が描くというのも、なんだか運命的。今月22日には、フランスで開催中の『カンヌ国際映画祭』でもワールドプレミア上映される。

取材・写真・文/hime

映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』

015年11月公開(2D/3D)
監督:マーク・オズボーン
出演(日本語版・声):鈴木梨央、津川雅彦、瀬戸朝香、ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

URL:http://wwws.warnerbros.co.jp/littleprince/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。