大泉洋の独壇場、主演映画舞台挨拶
2015.4.24 21:00

井上ひさしの時代小説を原案に、『わが母の記』『クライマーズ・ハイ』の原田眞人監督が手掛けた人情時代劇『駆込み女と駆出し男』。その映画の試写会が大阪市内で行われ、大泉洋、戸田恵梨香、原田監督が登壇した。

左から、戸田恵梨香、大泉洋、原田眞人監督
左から、戸田恵梨香、大泉洋、原田眞人監督画像一覧

曲亭馬琴のような戯作を書きたいと思っている主人公・信次郎を演じた大泉洋は、この日も絶好(口)調! 「京都で撮るって聞いてましたから。ホテルも京都で。でも、ほとんど滋賀、奈良だったんじゃないですかね? 毎日毎日、ものすごい移動でした。京都からカツラをかぶって移動するんですけど、だんだんずれてきて、着いた頃には直さないといけなくって。大変なんです、あれ。遠いのよ!」(大泉)と軽くジャブ。

とはいえ、原田監督によると「すごくマジメで、天才的な俳優。芝居はスゴイですね。最初、(三谷幸喜演出の)舞台『ドレッサー』を観に行って。その後すぐ楽屋に行って、時代劇をやるんでぜひ主役をと・・・」と裏話を披露。それに対し、大泉は「ビックリしましたね。舞台を観に来ていただいてすぐ、脚本と主演のオファーをいただいたもんですから。あら、大丈夫かしらって。で、読んだらワクワクする、江戸時代の活気にあふれた脚本で。でも、アホみたいな長台詞があって、よっぽど断ろうかと思ったんですけど」と。

舞台挨拶は大泉洋の独壇場に
舞台挨拶は大泉洋の独壇場に画像一覧

一方、神戸出身の戸田恵梨香は、「久しぶりに家族や親戚が来てて。ちょっとソワソワしてるんです。ずっとニヤニヤして見てるから、照れくさい(笑)」と告白すると、「そうですか。戸田さんのご家族がいると思うと、緊張してまいりました」と大泉。戸田が「ウソつけよ(笑)」とすぐさまつっこむも、舞台挨拶終了まで、しゃべりっぱなしの大泉の独壇場に。場内は爆笑の渦に包まれた。

共演に満島ひかり、樹木希林、堤真一、山﨑努といった演技派がズラリ揃った映画『駆込み女と駆出し男』。公開は5月16日、「大阪ステーションシティシネマ」ほかで上映される。

映画『駆込み女と駆出し男』

2015年5月16日(土)公開
原案:井上ひさし
監督:原田眞人
出演:大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、ほか
配給:松竹
2時間23分
大阪ステーションシティシネマほかで上映
URL:http://kakekomi-movie.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ