上戸彩、大阪のうまいもんに話止まらず
2013.11.29 14:00

「包丁侍」と呼ばれた武士の料理人の家に嫁いだ娘が、夫や家族と絆を深めていく姿を描いた映画『武士の献立』。この特別上映会が大阪市内で行われ、春役の上戸彩と、その夫を演じた高良健吾が舞台挨拶に登場した。

映画『武士の献立』の大阪舞台挨拶に登場した上戸彩と高良健吾
映画『武士の献立』の大阪舞台挨拶に登場した上戸彩と高良健吾画像一覧

御算用者(経理係)として藩に仕えた「そろばん侍」の生活を描いた映画『武士の家計簿』(堺雅人主演)に続く、江戸時代の加賀藩を舞台としたシリーズ第2弾。優れた味覚と料理の腕の持ち主ながら、気の強さが仇となって1年で離縁された春は、加賀藩の料理方・船木伝内(西田敏行)に請われて、息子・安信の嫁となる。舟木家は代々藩に仕える包丁侍の家。しかし、安信は料理が大の苦手。春は必死に夫の料理指南をはじめることに・・・。上戸は、「映画をご覧になられた方に、(プライベートの)上戸彩も春のように料理上手なんだろうなって思ってもらえると、おいしいなって(笑)。ドラマ『半沢直樹』でもいい奥さんの役をいただいたので、私も目指したいと思います」とコメント。

「撮影2カ月前から、殺陣と包丁の練習をした」と語った高良健吾
「撮影2カ月前から、殺陣と包丁の練習をした」と語った高良健吾画像一覧

また、劇中で登場する重要な包丁さばきの場面は、上戸、高良ともに一切吹き替え無しだったとか。「当時の包丁は、形も長さも、重さもそうですし、(床に座って切るので)高さも今とは全然違うんです。京都での撮影に入る一週間前に私が使う包丁ができたので、家でザクザク練習していました。そのシーンはぜひアピールしたいところです(笑)」(上戸)、「僕は2カ月前から、殺陣と包丁の練習をやってました。床に座ってやりましたし、実際に使ったセットで練習させてもらいました。だから、カメラが手元寄りの撮影のときは、全身を映して!って(笑)」(高良)

担当メイクさんに大阪を案内してもらっているという上戸彩
担当メイクさんに大阪を案内してもらっているという上戸彩画像一覧

料理が題材の時代劇だけに、大阪に関する質問では食に関するものばかり。会見冒頭で「大好きな大阪」と言った上戸のセリフに嘘はなく、どこまでもおいしい話が止まらない。「三角公園の前の「甲賀流」と[はなだこ」とか、御堂筋を巡っていろんなたこ焼き屋さんに行きます。私のメイクさんが大阪の方で、コーディネートしてもらってるんです。あと、「冨紗家」さんも大好きです。最初の豚肉ともやしの鍋で、ギューッと胃袋をつかまれる感じ。新大阪の駅には「道頓堀くるる」もあるし、「551蓬莱」もあるし・・・あと、阪神百貨店のいか焼きも超〜おいしいの!」(上戸)。

「素敵な料理、食材が出てきて、見終わった後はお腹が空いちゃいます。そして、誰かと食べに行きたい、誰かに作ってあげたくなる、そんな心に通じるものがたくさん映っているので、自由に楽しんで観ていただけたらうれしいです」と高良が語った映画『武士の献立』。公開は12月14日から。

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ