大阪駅前に大型複合ビル「JPタワー」が、2024年に誕生

2023.3.8 09:30

大阪駅の西側に建設中の「JPタワー大阪」完成イメージ

(写真7枚)

3月7日、大阪駅前の旧・大阪中央郵便局跡地(大阪市北区)で建設が進む新ビルの名称が「JPタワー大阪」に決定。合わせて、同ビル内にはいる商業施設「KITTE大阪」の名称も発表された。

日本郵政グループが手がける「JPタワー」は東京・丸の内、愛知・名古屋にあり、大阪は3エリア目。同施設は39階建てで、「KITTE大阪」が地下1階〜6階に、6階の一部が劇場に、11〜27階はオフィス、29〜38階にはホテルが入る大型複合施設となる。

「つなぐ」をコンセプトに、大阪駅周辺のあらゆる物事と一体となって地域から愛される存在を目指すという。旧・大阪中央郵便局の跡地であることから、エントランスなどに当時の局舎の一部が使われ、街の記憶を感じさせる設えになるようだ。

この開業に伴い、同施設へのルートとしてJR大阪駅西側にできる西改札口からの直結通路(1階)、同駅連絡橋口改札から直通の歩行者デッキ(2階)が新設される。大阪メトロ西梅田駅の地下通路ともつながり、地上・地下どちらからもアクセス可能になる。

「JPタワー」は2024年3月竣工予定で、「KITTE大阪」は同年7月に開業を予定している。ホテル、劇場などの開業時期は順次発表される。

「JPタワー大阪」

所在:大阪市北区梅田3-2-4
竣工時期:2024年3月予定
開業時期:2024年7月予定(KITTE大阪)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本