大混雑のマイナカード申請、画面表示で3月1日で完了扱いに

2023.2.28 11:15

「76分待ち」の表示がされたマイナンバーの申請サイト(2月28日・朝10時時点)

(写真1枚)

最大2万円相当のポイントが進呈される「マイナポイント第2弾事業」。その申請期限である2月27日・夜から翌28日・朝にかけて駆け込みのオンライン申請が殺到し、一時、サイトは70分以上の待ち時間が表示される状態となった。

当初、マイナポイントを受け取るためのカード申請期限は、2022年9月30日に設定されていたが、同年12月31日、2023年2月28日と、申請数の少なさから延長が繰りかえしてきた。

だが、河野太郎デジタル大臣が2月24日の記者会見で「期限を延長する予定はない」と名言。それにより、マイナポイントを受け取るためには2月末までの申請が必須となり、今回の駆け込み申請に繋がっている。

そのため、申請サイトには、2月27日・夜には60分以上、28日・朝には80分以上の「しばらくお待ちください」という表示される状態に。

しかしご安心を。「しばらくお待ちください」の下には、「なお、『マイナポイントの対象となるマイナンバーカード申請期限は2月末まで』とご案内しておりますが、この画面が表示されている場合は、3月1日中に申請を完了していただければ、マイナポイントの申込対象となりますので、ご安心ください。」という案内も。

つまり、申請サイトにアクセスし続ければ(画面を表示し続ければ)、3月1日中に申請完了すればマイナポイントがもらえるということ(実質1日延長)。なので、繋がりづらい状態でも諦めなければ、最大2万円相当のポイントがゲットできる。

また、マイナポイントの申込み期限は2023年5月末。選択した決済サービスの利用・チャージ金額に応じて最大5000円分、健康保険証としての利用申し込みで7500円分、公金受取口座の登録完了で7500円分、合計最大2万円分のポイントがもらえる。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本