阪神百貨店で「駅弁催事」スタート、小走りで目星の品購入する客も

2023.1.25 06:30
  • 売り場はたくさんの客で賑わった。客層は50代〜70代が多めか
  • 左から「いちご弁当」(2350円・各日200個予定)「あなご飯」(2430円・各日800個予定)
  • 「うえの」にはオープン時から行列が
  • 実演販売は合計22店舗で実施
  • 催事場奥のテラス部分には「ふたつ星4047」の列車装飾が
  • 「魚元」女将の張間さんは27日まで店頭に立つ予定。現在は駅弁店「新杵屋」が「魚元」の味を受け継いで弁当を制作している
  • 「ふたつ星4047」では銘柄牛や佐賀牛などが楽しめる二段重の「特製ふたつ星弁当」(2800円)は各日50食限定、その内容をぎゅっと凝縮した一段重弁当(1998円)もスタンバイ
  • E6系こまちらんち(1380円、手前)など、お子さま用の駅弁も
  • 「ひっぱりたこ飯」は11種登場
  • 「カービィのえきべん」(1480円)、「げんき100ばい!アンパンマン弁当」(1350円)
  • 具材がプリントされたパッケージ
  • レトロなパッケージもかわいい
  • 「ふたつ星4047」の列車装飾席
  • 売り場はたくさんの客で賑わった。客層は50代〜70代が多めか
  • 左から「いちご弁当」(2350円・各日200個予定)「あなご飯」(2430円・各日800個予定)
  • 「うえの」にはオープン時から行列が
  • 実演販売は合計22店舗で実施
  • 催事場奥のテラス部分には「ふたつ星4047」の列車装飾が
  • 「魚元」女将の張間さんは27日まで店頭に立つ予定。現在は駅弁店「新杵屋」が「魚元」の味を受け継いで弁当を制作している
  • 「ふたつ星4047」では銘柄牛や佐賀牛などが楽しめる二段重の「特製ふたつ星弁当」(2800円)は各日50食限定、その内容をぎゅっと凝縮した一段重弁当(1998円)もスタンバイ
  • E6系こまちらんち(1380円、手前)など、お子さま用の駅弁も
  • 「ひっぱりたこ飯」は11種登場
  • 「カービィのえきべん」(1480円)、「げんき100ばい!アンパンマン弁当」(1350円)
  • 具材がプリントされたパッケージ
  • レトロなパッケージもかわいい
  • 「ふたつ星4047」の列車装飾席
(写真13枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本