朝ドラ・暢子の店を継ぐ矢作、SNS賛否「その過程見せて…」

2022.9.23 19:45

和彦の母・重子(鈴木保奈美)からのはなむけの言葉に耳を傾ける、暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)(C)NHK

(写真3枚)

沖縄生まれのヒロインが上京し、料理人として奮闘する連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)。9月23日放送の第120回では、暢子たちが沖縄に戻る日が近づき、「ちむどんどん」で送別会が開かれるシーンが描かれた(以下、ネタバレあり)。

沖縄に戻ることを決めてから2カ月ほどが経ち、いよいよ東京を去る日が近づいていた暢子(黒島結菜)たち一家。「ちむどんどん」で開かれた送別会で、暢子は和彦(宮沢氷魚)の母・重子(鈴木保奈美)や沖縄県人会の三郎(片岡鶴太郎)など東京で出会った人たちに別れを告げていく。しかし、フォンターナのオーナー・房子(原田美枝子)の姿はない。

房子のもとを訪れた暢子は、かつて作った「ペペロンチーノ」で料理対決を申しこむ。2人は互いのペペロンチーノを食べながら出会った当初の思い出話で笑い合い、房子は暢子に「沖縄に行ってもどこに行っても、おいしいものを作ってみんなに食べてもらいなさい。あなたならそれができる」とエールを贈るのだった。

暢子が沖縄に戻ることを決意してから、視聴者が案じていた沖縄料理店「ちむどんどん」や料理人・矢作(井之脇海)の今後。

今回の放送で矢作がちむどんどんを引き継ぐことが判明し、SNSでは「よかった・・・」「店は矢作が継ぐというのは一安心」と安堵の声が寄せられた一方、「矢作にはどう伝えたの!?」「矢作さん唐突すぎて混乱しなかったのか?」「矢作さん引き継ぎまでの感情や描写を見たかったかな・・・」など、矢作の引き継ぎに至るまでの過程シーンを望む意見も多数見受けられた。

放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第121回では、沖縄での生活を楽しむ暢子のもとに、東京からとある人が訪れる。土曜日はその週の振りかえり。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本