朝ドラ・暢子の店にいきなり現れた清恵、SNS混乱「なぜ?」

2022.9.9 19:45

ある料理をつくる矢作(井之脇海)と暢子(黒島結菜)(C)NHK

(写真4枚)

沖縄で生まれたヒロインが、東京で料理人として成長していく連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)。9月9日に放送された第110回では、お店の再開に向けてメニューを見直し始める暢子たちの前に、意外な人物が現れるシーンが描かれた(以下、ネタバレあり)。

「ちむどんどん」の再起をかけて、矢作(井之脇海)や歌子(上白石萌歌)とイチから料理の味を見直しはじめたヒロイン・暢子(黒島結菜)。そんなとき、沖縄から母・優子(仲間由紀恵)と姉・良子(川口春奈)が遊びに来る。

2人が持ってきた沖縄料理からヒントを得た暢子は、新たなメニューを開発し始める。休業している店の再開日も迫りつつあるなか、沖縄そばの決め手である「おいしい豚肉」が足りないことに気付く。またも悩み始める暢子たちだが、そこに兄の賢秀(竜星涼)が働く養豚場の娘・清恵(佐津川愛美)が偶然現れるのだった。

実家の養豚場を出て、東京で行方をくらましていた清恵。そんな清恵が、暢子たちがメニュー開発のため「豚肉が必要」と話している最中に、タイミングよく「ちむどんどん」に現れたことでSNSは騒然。

さらに、清恵が「豚マーク」の入ったビニール袋を持っていたことから、「豚肉の話をしていたら清恵が豚肉持って現れた」「え、最後なんで清恵さんがちむどんどんに?」「清恵と暢子って接点あった?」など、清恵の登場に混乱する視聴者が続出している。

放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。土曜日はその週の振り返り。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本