最後の「ラタタ」で、ハミクマらゾンビ群がキレッキレダンス

2022.9.9 07:15

ハミクマ率いるサーカス団のジャグリング・ショーや、ゾンビによる奇怪な軟体ダンスが楽しめる『ゾンビ・デ・ダンス』で、今年フィナーレとなる「ラタタダンス」

(写真14枚)

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)で秋の期間限定イベント『ハロウィーン・ホラー・ナイト』が9月9日に開幕。7日の先行公開では、ハミクマ率いるゾンビ群が、今年で最後となる「ラタタダンス」を狂ったように踊った。

パーク史上最多のゾンビが出現する日没後のホラー・エンタテインメント『ストリート・ゾンビ』や、新登場のホラー・メイズ『ユニバーサル・モンスターズ 〜レジェンド・オブ・ フィアー〜』など、フルラインアップで3年ぶりに完全復活する『ハロウィーン・ホラー・ナイト』。

そのなかでもゾンビが一斉に踊り出す『ゾンビ・デ・ダンス』は、ゲストも一緒に楽しめることから人気コンテンツとなり、2019年からは三代目J SOUL BROTHERSの楽曲『Rat−tat−tat』に合わせて、リーダー・小林直己が考案したゾンビダンス「ラタタダンス」とのコラボでも盛り上がってきた。今回、その「ラタタダンス」がついにフィナーレを迎える。

サーカス団のジャグリング・ショーを見るハミクマさま

夕方6時半ごろ、同パーク内のグラマシー・パーク特設ステージにゾンビ群が登場。サーカス団のジャグリングショーやゾンビによる奇怪な軟体ダンスなど圧巻のステージショーが繰り広げられたあと、「いよいよハミクマさまの登場だ!」と、支配者・ハミクマが出現。

サーカスの人気者だったクマが切り裂かれてしまったことで誕生したクマゾンビ「ハミクマ」。「ハミ出すことが悪なのか?」という疑問を持ちながらゾンビとなって蘇り、今回『ハロウィーン・ホラー・ナイト』の新たな支配者になったという。

「死んでこそ生きるのdeath!」とノリノリの音楽とともにステージに現れたハミクマは、「死んだように生きるのか、ハミ出しながら死んでも生き続けるか、どちらかを選ぶのdeath!」とゲストに問いかけ、キレキレダンス。最後に「ラタタダンス」を踊り狂い、「ハミクマdeath(ハート)」と可愛く締めくくった。

鑑賞したハミクマファンは「ハミちゃんがしゃべったー!!!!!」「ハミクマさまが楽しそうでうれしい」と大興奮。ハミクマはグッズ化もされており、ますます人気が高まりそうだ。『ハロウィーン・ホラー・ナイト』は11月6日まで。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本