秋定番スイーツが変形!? 4時間待ちの「幻のモンブラン」

2022.9.19 09:30

ザブトンモンブランとして人気の「モンブラン パリ」(900円) 10月からはカボチャのモンブランも登場予定

(写真7枚)

秋の定番スイーツ・モンブラン。山の形に見立てた細い線状のマロンペーストの上に栗が乗っている見た目が一般的だが、その常識を覆す「新星モンブラン」が話題となっている。百貨店催事では4時間待ちなど入手困難となったその全貌は・・・「座布団」!? パティスリー「Masahiko Ozumi Paris(マサヒコ オズミ パリ)」(大阪市中央区)を取材した。

■発想のきっかけは「もこもこルームウェア」?!

SNSでは「リアルなニットかと思った・・・」「ふかふかしてそう」などの声があがり、今夏の「阪急うめだ本店」での期間限定予約では、1週間分が2時間で完売した「モンブラン パリ」(900円)。「ザブトンモンブラン」と称される見た目は、毛糸で編んだような網目模様のマロンムースが特徴で、丸みをおび浮かんで見える愛らしいフォルムも愛らしい。

「海外だと結構見かけるんですが、日本には変わった形のケーキが少ないですよね。でも変わり過ぎると綺麗ではないから」と話すのは、オーナーシェフの小住匡彦さん。22歳で単身渡仏、6年後にはフランス・パリの5ツ星「palace hotel」でスーシェフを務めた経歴をもつ。このモンブランが生まれたのは「日本のものを世界へ発信したい」という思いからだという。

「日本のもの」に見立てたスイーツを模索するなか座布団へと思いが固まったが、作り始めの形は真四角、ボタンや上から出ている糸などをリアルに再現し、アートではなく「キャラクターケーキ」になってしまったそう。しかしある時、人気ブランド「ジェラート ピケ」のルームウェアのもこもこ感を目にし、「形だけでなく表面も大事なのか!」とひらめき、ニットのような立体感のある現在の形を生み出した。

■「ほかにはないものを作りたい」、実店舗が大阪に

パリを彷彿とさせる長いショーケースには、配色にもこだわった美術品のようなケーキがずらり

2019年に独自のブランド「マサヒコ オズミ パリ」として百貨店の催事などで販売をスタートするや、「インスタ映え」などの流行も重なり、口コミを通して瞬く間に話題に。購入まで4時間待ちと入手困難なことから、「幻のモンブラン」と称されるまでとなった。「モンブラン パリ」の中身はラズベリーコンフィチュール、チョコスポンジなど5層からなり、赤ワインジュレのほどよい酸味がアクセントになっている。

満を持して2022年6月、地元・大阪で常設店をオープン。本場・パリを彷彿とさせる長いショーケースに、美術品のようなケーキが平日は約12種、土日祝は20種以上がそろうが、ショートケーキや果物がたっぷり盛られている、いわゆる日本での王道ケーキは見当たらず、「ほかにはないものを作りたい」という小住さんの思いが表れている。

今後は「メリーゴーランド型」のショートケーキや「ミトン型」のティラミスが登場予定だそう。営業は朝10時~夜7時(売り切れ次第閉店)、水曜休み。大阪メトロ「谷町四丁目駅」から徒歩約8分。

取材・文/塩屋薫

「Masahiko Ozumi Paris」

住所:大阪市中央区大手通2-4-8
営業:10:00~19:00 ※水曜休み

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本